友人

    825 :[キチママ戦記] 2016/12/26(月) 17:03:35 ID:kvWJRjbK.net
    15年来の親友と終わった話。
    月並みだが私の結婚式に招待したのがきっかけでこじれた。
    直接会って結婚式に出席して欲しい旨を伝えた。

    その後親友が妊娠。
    普段から避妊していなかったとのこと。
    LINEで伝えられ「すまん」と言われた。
    子供が欲しかったとか避妊してたのに失敗したとかならわかるんだけど…と心中もやもや。
    一応おめでとうと伝えたが「作る予定じゃなかったからおめでとうなのかわからない」と。
    彼女の旦那は招待していなかったのだが「(私と夫の)共通の友人枠で出席できないか」とか「当日は出席できなくてもついてくる(新幹線約3時間の距離)」とか言っていたのに、自分の代わりに旦那だけでもとかもなく。
    旦那の方は私達を祝うために出席したいんじゃなくて親友だけで出席させたくなかったからそう言っていたんだろうなと思った。

    話は戻るが、私はLINEで済まされたのがショックだった。
    それをLINEで伝えたらSNSに
    「私がいないと困るでしょ?だから謝ったら許してあげる、みたいな考えは傲慢。こっちはちゃんと申し訳ないと思ったからすまんていった。自分は謝る気もないし縁切ってくれても構わない。」
    って書かれて心が折れた。
    直接連絡すらされないと。
    それ以上に相手に必要とされてないのがわかってしまって。

    私は元の関係に戻りたいのと誤解を解きたい一心で伝えたのに余計こじれた。
    確かに親友は友人が少ないが、私が親友と仲良くしたいのは単に親友のことが好きで憧れてたからで。
    常識的とは言いがたいが、自分自身が好きで心のままに生きてるのが私には羨ましくて魅力的だった。
    私の我が儘かもしれないが、せめて電話とかの肉声や直筆の「親友」が感じられる断られ方を望んでた。
    LINEで一言だけってのが辛すぎた。
    私の片想いだったのかもしれない。
    相手もSNS上では私を「親友」と表現していたから勘違いだったとは思いたくないけど。
    本当に大好きだったし高校からずっと一緒にいて楽しかった。
    スマホも代えたし、SNSもLINEもアカウントを消した。再来月には引っ越す。
    これで終わるんだって思いと、出席してくれて私を気遣ってくれる友人たちをこれからは大切にしていこうと思います。

    161 :[キチママ戦記] 2015/04/08(水) 00:09:40 ID:nX0zRp++.net
    学生時代からの友人A。
    この度私が出産して、産後1週間経ったところで「来週泊まりに行っていい?」と聞かれた。
    産後ボロボロの身体で構える訳もないのでお断りした。失礼ながら同じ女性.なのに想像力ないな~と思った。

    その後Aと友人Bから合同で出産祝いが届いた。
    下品な話だが五千円に満たないもの。しかもデパートの袋の口をガムテープで止めた状態で届いた。
    AとBとは学生時代から非常に親しくしていたのでやや驚いた。
    そんなに親しくない友人Cですら三千円包んでくれたのに…。
    でも、子供がいない2人で色々悩んで選んでくれたのだろうと思い、その気持ちは嬉しかったので有難く頂戴し、内祝いも送った。

    525 :[キチママ戦記] 2014/12/01(月) 21:38:34 ID:YZV
    毎年年末年始になると子供の写真入り年賀状の是非が話題になるけど
    一度だけ泣きたくなるような年賀状の思い出がある。
    元々私は子供が大好きで結婚前には保育士をやっていたぐらい。
    ところが結婚して3年が過ぎても子宝に恵まれず不妊治療を開始した。
    その病院で高校時代の同級生にバッタリ会った。
    不妊治療であることはお互いにバレバレだし、
    ふたりとも始めたばかりだったから情報交換し合ううちに仲良くなった。
    で、初めての体外受精。私は運よく受精卵を子宮に戻すことができたが
    彼女は細胞分割が進まず、受精失敗。
    その時彼女から「先に妊娠しても嬉しそうにしないでね」と釘を刺された。
    自分ではもしそうなった時に、彼女の前で浮かれるほど無神経ではないつもりだったから
    胸に棘が刺さったような感じが取れず、彼女と少し距離を取り始めた。
    その後、戻した受精卵はうまく着床せず失敗。
    そのあと会った時に「どうだった?」と聞かれたので「ダメだった」と答えたら
    「そう、良かった」とつぶやいたのが聞こえてショックだった。
    それで彼女の遠くの席に座り、その後一切スルーした。
    彼女自身は私が何を怒ってるのか分からないらしく、
    話したげにチラチラ見てたのは知ってたけど、とにかく不愉快だった。
    今思えば私もナーバスになってたんだろうと思う。
    それまで午前中に通ってたのを、彼女と会わない為に午後の診療に切り替えた。
    その後2年ほど経って、生まれた赤ちゃんの写真入りの年賀状を送ってこられた。
    住所の交換をした覚えはないが、再会したばかりの時に
    私が一人っ子なので養子ではないけど実家で同居してる話をしていた。
    それで卒業名簿から送ってきたんだろうと思う。
    そして写真の横には「人並みの家庭を得ることができました」と書いてあった。
    その時の感情は言葉に出来ないほどだった。
    彼女が治療に成功して、我が子を抱けたのならそれはおめでたいことだと思う。
    私もいつか同じように子供を授かることができるんだろうかと希望にもなる。
    だけど当時の私は何度も失敗を繰り返して、貯金がどんどん目減りしていく焦りと
    仕事を続けながらの治療の限界にもぶち当たって悩んでいた。
    そんな私には「人並みの」という言葉がナイフのように突き刺さった。
    生まれて初めて人を憎いと思った。
    翌年にも送ってきた。翌々年には送ってこなかった。
    こちらから何のリアクションもないから飽きたのかな?と思っていたが
    人づてに聞いたのは3歳になる直前に脳障/害が発覚したんだとか。
    それを聞いたとき(子供に罪はないけど)親の罰が子供に当たったんだと思ってしまった。
    そしてそんな最低なことを考えてしまった罰が下ったのか
    私はその後も子宝に恵まれず治療は諦めた。
    が、最近やっとそういう人生もありと受け止めれられるようになった。

    730 :[キチママ戦記] 2014/01/05(日) 21:39:05 0
    (1/2)
    彼と私はバツイチ子蟻。 お互い、子蟻でBBQなどに参加しているうちに「一緒に出かけようか」という話が出て 遊ぶ機会が多くなった。

    彼の元嫁は育児が苦手で離婚の時に「子供は渡さない」と彼が言ったらあっさり置いていった。
    ある日 彼の自宅に離婚調停の案内がやってきたそうだ。離婚届は元嫁が提出済みだと思ったのに思いがけない展開にびっくり。
    そこでバツイチ仲間として私も色々相談にのって親しくなっていった。
    私も「この人、なんて不幸なんだろう。私が救ってあげなくちゃ」なんて思っていた。

    離婚調停の目的は子供ではなくお金。自分が支払っていた自宅ローンと慰謝料を支払えとのこと。
    家のローンから生活費からすべて彼が出していたし 離婚したら慰謝料を貰えると元嫁姉に吹き込まれたようだ。
    しかし、調停をするうちに 元嫁の話が矛盾だらけでキチが入っているのが調停委員もわかり、彼の味方しかしなかったそうだ。
    でも調停委員は調停をまとめるのがお仕事。決着しないと次は裁判になるからと言われ 彼は大幅に妥協し離婚成立。

    211 :[キチママ戦記] 2010/08/09(月) 21:28:13 ID:HwFeLmUc0
    家庭の事情で大学進学が出来なかったA
    こっちがちょっとでも大学の話をすると「もうやめて」とか「息が苦しくなる」とか言い出す
    仕事の愚痴なら二時間でも三時間でも聞かせるくせに
    こっちが「課題がきつい」とでも言おうものなら「そんなことを言うのは贅沢だよ」
    「その程度できついなんて、(自分)ちゃんは恵まれてていいね」
    「大学に行きたくても行けなかった人の気持ち、分かんないでしょ?」とくる
    仕事でストレスが溜まる、と言うAを遊びに誘おうとすると
    「疲れすぎててそんな気になれない」「社会人って(自分)ちゃんが思ってるよりずっと辛くて厳しいの」
    「それが分かんない(自分)ちゃんを責めるつもりはないよ。大学生は気楽だから分からないのが当然だよ」とか言う
    自分は家庭の犠牲になった。家族のために必タヒで働いてる。そんな自分の前で大学の話をするなんて無神経
    自分は毎日辛くて悲しいけど、(自分)ちゃんは恵まれてる立場。その違いを分かってほしい、とか言うけどお前、
    家族のために必タヒで働いてるという割りには、今も暮らしてる実家に生活費を一銭も入れてないらしいね
    おばさんは資格を取るための勉強代にお金が掛かるらしいから仕方ないって言ってたけど、資格の勉強なんか全然してないよね?
    毎月毎月ゲームや本買って、ハマってるジャンルの同人誌山ほど買って、自分でも定期的に本出して
    イベントには欠かさず参加して、「これが社会人の力だ!」とか言いながらグッズとか戦利品を自慢しに来るよね
    おばさん、進学させてやれなかったことは本当に申し訳ないけど、Aが前向きに頑張ってくれてるのが嬉しいって言ってたよ

    確かに自分にも無神経なところや、配慮が足りなかった部分があったのかもしれない
    けどもう何か嫌になったからFO予定

    375 :[キチママ戦記] 2008/10/31(金) 20:15:36 ID:+4PHbP33
    アメリカ旅行でロサンゼルスに行った時の話。

    友人たちとどこに行こうかとカフェで相談していたら、2つ隣のテーブルで喧嘩?していた男が女性.の頭にいきなり発砲。
    頭が吹っ飛ぶ瞬間をしっかりと見てしまった。

    日本人の友人たちは皆( ゜Д゜)ポカーンとしてた。
    悲鳴一つ起きなかった。
    アメリカ人たちはすぐさま伏せながら逃げたり遮蔽物に隠れたのに、日本人の俺らはテーブルの傍で中腰w
    犯人から丸見え状態。

    男が頭を抱えながら喚いていたのを至近距離で眺める日本人の俺ら。
    本当に人生で初めて体が全く動かないという事を体験したよ。

    そのうち、なんだかやばい空気になってきてガイドとアメリカ人の友人たちが「ハリー、ハリー」と物陰から叫びだした。
    でも動けない。

    次の瞬間

    店の外に向かって2発男が発砲。

    ああ、もう駄目だと思ったら、吹き抜けの2階から誰かが投げた机が落ちてきて犯人に直撃。
    ノックアウトした。
    で、あっさり事件解決。

    日本と違ってアメリカでは事情聴取とやらをされず、すぐにその場を離れる事が出来たのはめちゃくちゃ助かった。
    だって、失禁してたから超恥ずかしかったんだよ。

    もう10年前の話だ。

    ちなみにそれがもとで発砲音がすると失禁するようになってしまった……orz

    14 :[キチママ戦記] 2009/05/25(月) 14:52:33 ID:Q+Lww2Xv0
    軽めの修羅場??をひとつ。

    私子・彼男・友子・友美が全員大学生の時。友美のみ違う大学でした。
    当時彼男と付き合って半年くらい、学部やサークルは違ったけれど高校時代からの
    親友だった友子とは学内外でよく会っていたので彼男と友子も顔見知りだった。
    その頃彼男は少し付き合いに飽きてきた感じで、倦怠期ムードだった。
    私はまだ好きだったし別れたくなかったから彼男の態度には気付かないフリをして
    頑張っていた。

    ある日、彼男とデートしている時に友美とバッタリ。
    数ヶ月ぶりに会ったので「あれ、友(アダナ)じゃーん!」「わー私子!元気~?」
    と盛り上がっていたんだが、何故か私より興奮している彼男。
    いきなり「運命か…?」とか言い出してハァ?な私たちをよそに「私子!ごめん!俺
    友子ちゃんが好きになったんだ!別れてくれ!」と友美を引き寄せようとした。
    後で聞いたが彼男は今日のデートで私子と別れてその足で友子に告白しに行こうと
    思っていたらしい。

    しかし残念、告った相手は友子じゃなくて友子の双子の姉の友美です…みたいな。
    友美には当然「いやっ!何なの!」と拒絶され、経緯を知った友子にも「好きな人を
    間違うとか最低やわ~、つか友達の彼氏とか範疇外」ときっぱりふられ、サーっと
    愛情の失せた私子にも逆に別れ話をうける、と1~2日で3人にふられたバカな男が
    いましたとさ、という話。
    私から見たら双子でも完全に別人だけど、分からないものなのかなぁ。

    368 :[キチママ戦記] 2013/01/11(金) 16:16:43 ID:ZFRayf3M
    大学からの男友達から絶縁された。

    去年の盆に暇だからと男友達(以下A)から連絡があり、会うことになった。
    Aは結婚しており、その時点で奥さんは臨月をむかえていた。
    とりあえずファミレスで飯を食い、俺の家で無駄話をする流れになった。

    その話の中で、Aは給料が低いから子供が生まれたら奥さんにも働いてもらうと言い出した。
    しつはこの話は以前からの続きで、二人で会う数ヶ月前に共通の友達数人で会ってたそきに
    Aが子供が生まれたら生活が厳しくなる、ということをしきりに話していた。
    その時も奥さんを正社員で働かせようと思うと、かなり自分勝手な作戦を話していた。
    しかし友人たちからパートでもいいだろと、言われて少し機嫌を損ねていた。
    ちなみに奥さんは39歳。

    で、俺と二人で会ったときに、この話が蒸し返されたわけ。
    俺は乳幼児がいる女の人を正社員で雇ってくれるとこはまず無いと思う。
    あったとしても、子供が突然の熱をだしたりとイレギュラーな事があった場合
    正社員なら責任もあるので、奥さんは自由に動くことが出来ないぞ。
    だから時間にも融通のきくパートで働いてもらうほうが、ベストだとおもうと話した。

    しかしAはパートだと給料もしれてるから、生活が厳しいどうしても正社員で働いて欲しいと折れない。
    そもそも生活が厳しいのは、Aが数ヶ月、長くて1年半で職を変えるからで
    生活苦の原因はAにあるのに、奥さんにそのツケを払ってもらおうと考えていた。
    しかも奥さんが妊娠中にも無職期間があったという、どうしようもないものだ。

    1 :[キチママ戦記] 2014/07/25(金) 21:09:48 ID:dFImTkAmH
    たったら書きます

    691 :[キチママ戦記] 2013/12/06(金) 18:44:03 0
    高校時代マドンナ的な同級生がいたのだが
    何度か同窓会を開いたが一度もくることは無かった
    みな一様に
    「どこで何してんのかな?」
    という話になると有名人と結婚してるのかも
    とか政治家の愛人をしてるんじゃない?とか
    いっていた
    女子に聞いても誰もしらないと言った
    当時の担任は
    「どこかで幸せに暮らしてるはずだ」
    と言っていたがたぶんそうだろうと俺も思った

    そんな彼女に偶然再会した
    昔よりもさらに美人になっていて全く
    気がつかなかったが向こうから声をかけて来た

    家がすぐそばだからでそこで昼食を食べようと
    いう話になった

    このページのトップヘ