切ない

    264 :[キチママ戦記] 2014/11/11(火) 19:55:56 ID:WVRA3rbom
    20年経っても引きずってる、子供の頃の修羅場。

    893からも爪弾きにされるようなクズの継父に
    無理やり水商売をさせられてた母親が、私の目の前で刺された。
    理由は『男とイチャイチャしてたから』
    水商売だから当たり前じゃん・・・と、子供でもわかる因果なのに
    覚せ◯剤とアル中で脳みそが海綿体になってた継父には青天の霹靂だったらしい。

    昔取った杵柄というか、人を刺し慣れているらしい継父は
    肋骨の下から突き上げるように母を刺し、包丁を抜くと床に投げ捨てて
    呻く母を罵りながら、殴る蹴るの暴行を加えた。
    私は身を挺して母を守り、継父を威嚇して追い出す事に成功。
    「警察も救急車も呼ぶな」という母に肩を貸して、徒歩で近くの病院に連れて行った。

    なんとか一命は取り留めた母だったが、片肺が二分の一になってしまった。
    入院費も無いので無理やり退院させられ、逃げる気力も無くした母はその後も水商売を続けた。
    継父は日を追う毎に脳がグズグズになって、現実と妄想の区別がつかなくなったようで
    一年も経たず、また包丁を持ち出して母を刺そうとした。
    幸い、刺される前に事に気づけた私は、母を守りたい一身で立ち塞がった。
    さすがに子供は刺せなかったのか、火のついた煙草やライターを投げつけた後にどこかへ逃げた。

    呆然としながら母と抱き合い、そのまま、店にあるお金と衣類を持って母と二人で夜逃げした。
    とはいえ何も無いので、私は伯父の家(三重)に預けられ、母は祖母の家(宮崎)に身を寄せた。
    夜逃げして二週間、継父は生活苦であっさり自杀殳。無縁仏として処理して貰った。
    もう、逃げなくていいんだという開放感で、特に問題無く過ごしたと思う。

    その後、母は迎えに来てくれたが、三日ほど一緒にいただけで
    新しい恋人の仕事に付き添うと言う理由で、母は一人で東京へ行ってしまった。
    知らない土地で、私は一人ぼっちになった。
    ある日、風邪を引いて4日熱が下がらず、助けを求める為に母に電話しようとしたら、電話が止まっていた。
    這うように電話ボックスへ行き、母の携帯に電話をしても「ごめんね。帰れない」ばかり。
    あまりにも酷い仕打ちに泣きながら暴言を吐いたら、母は悲しげな声で
    「子供とは一生一緒にいる訳じゃない。私には私の人生がある」と言われ、一方的に電話を切られた。

    それから先は覚えてない。ノイローゼになったのは確かだけど。
    結局、私は誰の為に母を守ったんだろうか。あの人は、あの時、タヒんどくべきだったのか。
    未だに色々考えては、答えも出せずに、発狂するのを堪えてる。

    98 :[キチママ戦記] 2013/06/15(土) 19:13:32 ID:8hbt4xtk
    高校の時の話
    俺には歳の離れた兄がいてDQNというかロックな感じだった。そんな兄に憧れていて中学校の時ピアスをあけクロムハーツのピアスを拝借したことがあった。
    即効ばれて兄にすげえ怒られたけどwなんでも6万位して一番のお気に入りだったそうだ。そんな兄が中三の受験近くにバイク事故でタヒんでしまった。
    まあ、すごく悲しかったけど喪失感が大きすぎて泣かなかったのが記憶にある。そんなこんなで兄の部屋の遺品を整理しててると、「入学祝い」と書いた封筒があった。
    中を開けるとあのピアスが入っていた。その瞬間涙があふれて止まらなくなってしまった。
    それ以来、学校にいないときは常にそのピアスをつけて生活していた。
    が、ある日ピアス取り忘れてそのまま学校にいってしまった時があった。校門に立っている先生に呼び止められ卒業まで俺が預かるとピアスを没収されてしまった。
    いくら兄の形見といえど自分が悪いとおもったので、先生に本当に大切なものなので絶対なくさないでくれと告げた。
    そして卒業式の日、その先生にピアスを返してくれと言った。しかし先生は何のことかわからないような顔をしてたのを見て血の気が引いた。
    恐る恐る説明したら、思い出したように一言・・・・
    「ああ、没収したものは基本捨ててるからないよ。ピアスなんてそんなにしないだろ。大学にはいるんだからバイトでもしてもっといいものを買え!」
    もうそんときには泣いていたと思う。ショックでふらふらになりながらも
    「あれは、そんな安物じゃない。6万ぐらいはするし兄の形見だ!」と訴えた。しかし先生は、そんな高いわけない!嘘ついて俺にたかる気だろ!
    と・・・気づいたらその先生のこと殴っていました。
    なんかその後は親とか校長とかを交えて話あって弁償するという流れにはなったけど、そういう問題じゃないだろと思った。
    最後にその先生に言った言葉がある。自分でも性.格が悪いなとは思うけど30近くになった今でもその意思は揺るがない。

    「先生の大切な人が亡くなったら真っ先にその思い出を消しにいきますね」

    59 :[キチママ戦記] 2018/02/24(土) 21:33:16 ID:eL+NssAw.net
    パパ大好きな3歳男児が最近「パパとママどっちも好き」と言ってくれるようになった
    パパは大好きだけどママは嫌いと1年以上言われ続けてたけど、もうその時期終わったんだぁとホッとしてたのに
    今日になって
    「パパとママどっちも好きなのは今日でおしまいね。ママはよその子を好きになってね、そして明日からはよその子のお家へ行ってね」
    とか言ってきた!
    なんでこんなに私を拒絶するのかというのとすっっごくムカついてしまって
    子どもを冷めた目で見てしまう…

    241 :[キチママ戦記] 2015/05/13(水) 13:00:49 ID:Xbz
    高校生の頃、朝の通学中の電車に母子が乗ってきたがお母さんが突然タヒしていた。
    電車が発進すると同時に赤ちゃんが泣き始めたがお母さんはあやす事もせずただ俯いて座っているだけ。
    他の乗客も私も面倒な事に巻き込まれたくないと見て見ぬふりをしていたが
    発進してからの15分間ずっとギャー泣きしていたし、
    母親の腕からずり落ちそうな赤ん坊の状態がさすがに心配になって
    誰かがお母さんに話しかけるも応答がなくグデーっと前屈み具合が増す。
    駅員さんを呼んで再度声を掛けてもらうも同じ。
    駅員さんがお母さんの首元に手を当てると「タヒんでる・・・」とつぶやいた。
    つい数十分前まで立って歩いて生きてた人が突然タヒぬ事があるなんてと怖かった。

    この事件が新聞に小さく記事になっててお母さんがまだ20歳だった事にびっくり。
    こんなに若いのに。

    389 :[キチママ戦記] 2011/03/03(木) 09:19:36 ID:S4/qPOqL0
    片思いの相手が私に気付かずに私よりすごく若い子と付き合ってるって聞いた。
    タヒねばいいと思った。
    呪いの儀式を行って別れるように祈った。
    でも結婚した。
    それでも夫婦焼タヒの祈りを捧げた。
    それからいろいろあって、彼と再会。
    そのとき彼が、私のところを心のきれいな人とか言った。
    それでなんかパワーダウン。
    それから人生闇の時期で何もしたくなくなって、何年も過ぎた。
    30も過ぎて彼が幸せだとまた知って呪い再開。
    5年間くらいタヒの呪いを。
    ホームセンターで彼の一家と偶然会う。若い奥さんと子供たくさん。
    そこで奥さんが私を彼が高嶺の花で手が出せなかった人と言う。
    嬉しいのと、自分が馬鹿なので自分を呪った。
    もう過去を振り返ると、自分が壊れるので全部ふたをした。
    程なく、初めて見合いみたいなことをして、何も考えないで決めた。
    多分今までの自分から変わりたかったんだ。

    1 :[キチママ戦記] 2020/02/12(水) 23:08:28
    合コン女子「どうせ空港内にあるマクドナルドとかでしょ」

    ワイ「はい...」

    1 :[キチママ戦記] 2016/11/19(土) 02:02:18 ID:k29V3m7md.net
    復権のために二人を旅行に連れて行こうと思うんだけどどこがいいかな?
    やっぱディズニーランド?

    1 :[キチママ戦記] 2017/06/09(金) 08:01:54 ID:aKWh0iST.net
    お父さんは来なくていいって言われた
    泣いてもいいか?

    3 :[キチママ戦記] 2018/02/01(木) 19:18:46 ID:h7EHZKilp.net
    今年頭にニューヨーク州のスクラッチ式宝くじで100万ドル当選した自営業の51歳の男性.は、賞金の使い道の一つとしてこれまで貧乏で行けなかった医者にかかったところ、ステージ4のがんが発見され、当選から23日後にタヒ亡した。/

    225 :[キチママ戦記] 2011/06/17(金) 09:23:35 ID:PFY/Em0G
    嫁が流産した
    妊娠が分かった時は初の事、本人は本当に嬉しそうで、毎日母子手帳を読んだり、日記を書いたり、飽きる事無く妊娠出産に関するサイトを見てた
    名前なんて、男女共に50パターンくらい考えて実際に書いてた

    妊娠10週の先日、僅かに出血するもんで病院に行った
    正常でも出血するのは少量ならば珍しくないと聞いていたので、念のためだね、って感じで、深刻には考えてなかった

    病院に付いて行ったのね、待合室で待ってたら、診察を終えて嫁が扉を開けて出てきた
    扉から姿を見せた瞬間、雑誌から目を上げた俺と目が合ったんだけど、表情は笑みを含むような、いつもの明るい嫁だった
    …だったんだが、診察室の扉から俺が座ってる椅子までの6メートルくらい、ほんの10歩くらいを歩いてくる間、嫁の顔がみるみる変化していった
    俺の元にたどり着いた時には真っ赤で大泣き
    まるで一時間は泣き続けていたかのような、目は腫れ、頬はびしょびしょの表情

    流産自体は凄く悲しかった
    でも、嫁のあの表情の急激な変化の過程は多分生涯忘れない
    男の俺が感じる感覚とは次元の違う、女性.ならではの悲しみというのを肌で感じた

    このページのトップヘ