切ない

    951 :[キチママ戦記] 2019/11/23(土) 00:05:02 ID:OW.ud.L1
    それまでずっと父だと思ってた人が実は叔父だった

    ずっと父子家庭で育ってきて結婚式の間際になったある日、旦那と一緒に父からいきなり告げられた
    私は本当は父の弟の子供で、実父と母は一緒の交通事故で亡くなったらしい
    毎年命日にお参りに行ってた母のお墓に実父も一緒に入ってた
    実父と母は駆け落ちみたいにして結婚したから母の実家からはもういない扱いになってて引き取りは嫌がられて、
    父の両親もそのとき既に亡くなってたから父が引き取ってくれたんだって
    「いつ言おうか迷ってるうちにこんな遅くなってしまった。ごめんなさい」って謝られたけど旦那は泣いてたし、
    私も授業参観や運動会には必ず来てくれて、出世も自分の結婚の機会も蹴って私を育ててくれた父には感謝しかない
    ただ最後の「あの時お前の親類の態度に腹がたったのと、実はお前のお母さんすごく俺のタイプだったもんだからつい俺が引き取るって言ってしまった」というのはちょっと聞きたくなかったかもしれない
    ちなみに私の結婚後父はいそいそとプレステ4とニンテンドースイッチを買ってきて、テーブルに旅行ツアーのパンフレットを広げてどこへ遊びに行こうかとうなっていた

    983 :[キチママ戦記] 2014/10/18(土) 20:33:46 ID:LIhvmXC9q
    ちらっと書いとく。

    もう4年前の事だけどその当時私の妊娠が発覚してみんな喜んでくれてた。
    この妊娠は旦那にある条件を出した上でのものだったのね。
    私、生まれつきかなりレアな持病があって(特定されちゃうから病名は出せないけど)、出産時に命が危ういような状態に陥る可能性.がかなり高いから、もしそうなった場合には必ず子供の命を優先する事って条件を出して旦那が飲んだから子供を作ったんだ。
    妊娠期間中は特に問題無く過ごしていざ出産となったのだけど心配は的中。
    やっぱり持病の関係で私の心拍が下がったため、子供の方も危険な状態に。
    まぁ今私がこうやって書き込んだりしてる状況でみんな分かるだろうけど、旦那は私の命を取ったわけで。
    しかも手術中に私の心拍が下がった事も子供は生きてないって事も、言われたの3日後だよ。
    親や旦那、看護師さんや先生に「子供に会わせて。」って言っても「まだ君の体調が戻らないから。」「子供は黄疸が出てて治療中なんだよ。」って言われて騙されてた。
    旦那から告げられた時にブチ切れたよ。
    「必ず子供の命を優先するって約束したじゃない!それが飲めないなら子供を作らないって言ったのに!約束したのに!」って、お腹の傷塞がってないのに大暴れして開いちゃったり。
    「約束を破ってすまない。約束を守ると決めていたのに、いざ目の前で心臓の止まりかけてる君を見ると、まだ見てない我が子より君を救いたいと思ってしまった。謝ってすむ問題ではないけど本当にすまない。」だって。
    旦那が私を愛してくれてるからこそ、私の命を選んでくれたのはわかってる。
    だからと言って旦那を許せなかった。
    万に一つでも私の命を選んでしまう可能性.があるのなら言ってほしかった。
    そしたら子供なんて初めから作らなかったのに。
    自分達の勝手で命だけ与えて、生きる事を奪うなんてどんな虐待よりも酷い仕打ちだよ。
    退院してそのまま自宅には一度も戻らずに離婚した。
    治療費と慰謝料として7桁後半のお金を旦那と旦那両親が持ってきたけどそれは返したよ。
    旦那が悪い訳じゃないし、はたから見たら旦那の選択の方が正解だろうしさ。

    535 :[キチママ戦記] 2009/09/21(月) 08:19:49
    俺、今から蒸発するんだ。
    その前に聞いてほしい。リアルじゃこんなこと、人に言えないからな。

    今年、春先に嫁が交通事故でタヒんだ。
    俺の食い意地のせいで、10年一緒だった嫁がタヒんだ。

    先に言うけど、うち、親父が借金残して蒸発したんで母子家庭で、親戚中から縁も
    着られてて、お袋苦労して俺と弟を育ててくれたんだが、生活が苦しくなるとでてくる
    おかずがもやしのオムレツ。
    いや、まだ卵まきになってる分ましで、最後はもやしいためだけとかしょっちゅう
    だった。

    で、あの日の前日、「今日の晩飯何?」って嫁さんに聞いたのよ。
    うちの嫁、料理うまくてさ、毎日弁当作ってくれるんだけど、おかずが必ず5~6品
    あって、同僚からもうらやましがられてる、いやうらやましがられてた、か。

    513 :[キチママ戦記] 2015/12/24(木) 15:43:12 ID:Udl
    オカルトってほどじゃないけど。

    うちの犬が病気でもう余命わずかと言われた時に、
    どうしても外せない用事で4-5時間ほど家を空けるので
    ネットワークカメラをセッティングしておいた。
    外出先から犬の様子が確認できるようになっている。
    ケージは部屋の角の位置で、その横には腰高の窓がある。
    その窓にはレースのカーテン、その向こうはベランダはない。
    マンションの11階の角部屋。
    外出先から犬の様子を見ていたら、
    レースの向う、窓の外を左から右に横切る人が映った。
    男か女か、若いのか年寄りなのかは分からないけど
    レース越しに人が歩く様子がハッキリ見えた。
    そして途中こちらを見て目があったような気がした。
    無茶苦茶怖かった。
    録画機能がなかったから誰にも信じて貰えないけど
    確かに私は見たんだ。
    家に帰って窓から確認したけど、見間違うようなものは何もない。
    そして犬は翌日召された。
    今でもあいつが連れて行ったと思えてならん。
    ちくしょう。





    (ひとりごと:トメをいつかあそこに寝かせよう)

    480 :[キチママ戦記] 2014/07/01(火) 19:49:32 ID:bhwmROcBq
    冤罪を吹っ掛けられたけど手元に反論材料があったので即撃退できた修羅場。

    仕事の都合で数ヵ月だけ京都に住んでた時、飲みに行ったバーでとある美人と知り合った。
    すごく可愛い。もう一目惚れ。性.格や会話の口調も快活で趣味も合った。
    頻繁にバーで一緒に飲んだし、デートと言えるかわからんがちょっと二人で出かけたりもした。
    だが俺が地元の北海道に戻る時が近づき、ちょうど彼女も近い時期に四国の実家に戻るらしい。
    離れる前にダメ元で告白した…がやんわりとお断りされた。
    俺も相応に凹んだが、仕方がないと思い地元に帰った。
    彼女のメアド携帯番号などはそのままだが離れる際にフラれたという気まずさからそれ以降連絡はしてなかった。
    そのまま半年近く普通に仕事をしていると、珍しく彼女の番号から電話があった。

    22 :[キチママ戦記] 2015/03/23(月) 16:45:29 ID:92d
    元カノ(以下A子)の話。長いです。
    フェイクも入ってるんで辻褄あわんかったらすまん。

    当時お互い20歳。A子は大学生(法学部、一人暮らし)で俺は社会人(実家暮らし)。
    出会いは友達からの紹介で、知り合ってから割とすぐ付き合った。
    A子は大学通いながら居酒屋でバイトしてて、食器洗いばっかしてるらしく手がボロボロだった。
    ハンドクリーム塗ってあげたり、俺が会社終わってから家に行ってご飯作ってあげたり(A子が料理苦手だった)。
    自分で言うのもなんだけど、結構尽くせてたと思う。A子も俺のために頑張って料理してくれた日もあったし
    尽くしてくれて今考えてもめっちゃ幸せだった。お互い時間がある日は一緒にいて、頻繁にA子の家に通ってた。

    だけどある日、A子から連絡が来なくなった。電話しても出ないしメールも返ってこない。家に行っても留守。
    ありゃーこれはフラれたんかーとか思ったけど、そんなことしないよなって考え直して何回か家まで行ってた。
    1か月後ぐらいにA子の家に行ったときめっちゃやつれてる感じの知らないおじさんが出てきた。

    何回か切る

    1 :[キチママ戦記] 2014/07/25(金) 21:09:48 ID:dFImTkAmH
    たったら書きます

    322 :[キチママ戦記] 2015/01/06(火) 10:02:41 ID:eG2
    先月かーちゃんが亡くなった。
    もうかなり前から体調悪かったみたいなんだけど気付かなかった。
    気付かなかったってのは違うか。
    顔色が悪かったりすぐ息が切れたりしてたのは知ってた。
    けどただの風邪程度だと思ってたから心配なんかさらさらしてなかったんだよ。
    かーちゃん自身も「どうせ風邪だから病院なんか行かないわよwもったいないw」つってガハガハ笑ってたし。
    普通に考えたら、本当に風邪程度だとしてもちょっとぐらい気を使ってやるのが当たり前なのに、かーちゃんはそんな事しなくても大丈夫だと信じ込んでた。
    2ちゃんの有名コピペであるじゃん?
    かーちゃんはみんなが寝てても起きてくれていて~みたいなやつ。誰かわかるかな?
    俺まさしくあの通りに思ってたんだよな。
    かーちゃんはスーパーロボットで病気なんかしなくて誰より早く起きてみんなの朝飯と弁当作って、俺が反抗期でかーちゃんに暴言吐いても「どんなに言ってもあんたは私の子供なんだよーんw」と笑 って受け止めてくれて。
    就職決まった時と親父がタヒんだ時ぐらいしか俺には涙を見せなくて、家計が苦しいの知ってたから給料をこっそり引き出しに入れといたら「あんたの金は将来の嫁さんと子供のもんだwいつ来てくれるかしらないけど貯めときなさいw」と返されたり。しかも中身増えてた。
    こんなかーちゃんが大好きで甘えてたんだよな。
    もう俺34にもなるのに、うちのかーちゃんだけはタヒんだりしないと思い込んでたんだわ。
    それが突然タヒんだ。
    朝起きたら洗濯機にしがみついてる姿でタヒんでた。
    相当苦しんだみたいで目がカッと見開いててすんげー形相だった。
    かーちゃん癌だったらしくて、それも末期も末期。
    ホスピス入りますか?ってレベルだったみたいなんだけど、かーちゃんそれ蹴って家にいたっぽい。
    いろいろ医者に言われたんだけどほとんど覚えてないw
    かーちゃんがタヒんだ?癌だった?なんだそれ?っていろんな事がぐちゃぐちゃになってしまってねw
    俺が腑抜けのヘタレのノータリンだから葬式の事は叔父達が手配してくれた。
    葬式も終わってあらかた落ち着いたら家の中が妙に広くて怖かった。
    親父とねーちゃんが事故ってタヒんだ時も同じ様な怖さを感じたけど、あの時はかーちゃんがいたから乗り越えられた。
    けど今はそのかーちゃんがいなくなった。
    いなくなってから、俺がどれだけかーちゃんを頼ってたのか支えられてたのか実感して泣いた。
    まだ気持ちが落ち着いてないから文章すんげー読みにくいと思う。すみません。

    お前ら。
    親ってスーパーロボットじゃねーぞ。
    メンテ無しで延々俺たちのために動き続けるなんて事はあり得ない。
    月1でもいいから休ませてやってくれ。
    無理やりにでも人間ドックに行かせてやってくれ。
    顔色が悪けりゃ病院に連れてってくれ。
    俺の親父・かーちゃんに限ってwなんて絶対に思うな。
    お前らの親は人間だ。
    病気は誰でもなるんだ。
    俺はどクズだった。
    体調が悪い事を知ってて見て見ぬフリしたんだ。
    かーちゃんなら問題ないと思い込んで。
    俺みたいなどクズにお前らはならないでくれ。

    1 :[キチママ戦記] 2014/04/25(金) 00:02:11 ID:Q2CqBFy1g
    勝手に語ってく

    264 :[キチママ戦記] 2014/11/11(火) 19:55:56 ID:WVRA3rbom
    20年経っても引きずってる、子供の頃の修羅場。

    893からも爪弾きにされるようなクズの継父に
    無理やり水商売をさせられてた母親が、私の目の前で刺された。
    理由は『男とイチャイチャしてたから』
    水商売だから当たり前じゃん・・・と、子供でもわかる因果なのに
    覚せ◯剤とアル中で脳みそが海綿体になってた継父には青天の霹靂だったらしい。

    昔取った杵柄というか、人を刺し慣れているらしい継父は
    肋骨の下から突き上げるように母を刺し、包丁を抜くと床に投げ捨てて
    呻く母を罵りながら、殴る蹴るの暴行を加えた。
    私は身を挺して母を守り、継父を威嚇して追い出す事に成功。
    「警察も救急車も呼ぶな」という母に肩を貸して、徒歩で近くの病院に連れて行った。

    なんとか一命は取り留めた母だったが、片肺が二分の一になってしまった。
    入院費も無いので無理やり退院させられ、逃げる気力も無くした母はその後も水商売を続けた。
    継父は日を追う毎に脳がグズグズになって、現実と妄想の区別がつかなくなったようで
    一年も経たず、また包丁を持ち出して母を刺そうとした。
    幸い、刺される前に事に気づけた私は、母を守りたい一身で立ち塞がった。
    さすがに子供は刺せなかったのか、火のついた煙草やライターを投げつけた後にどこかへ逃げた。

    呆然としながら母と抱き合い、そのまま、店にあるお金と衣類を持って母と二人で夜逃げした。
    とはいえ何も無いので、私は伯父の家(三重)に預けられ、母は祖母の家(宮崎)に身を寄せた。
    夜逃げして二週間、継父は生活苦であっさり自杀殳。無縁仏として処理して貰った。
    もう、逃げなくていいんだという開放感で、特に問題無く過ごしたと思う。

    その後、母は迎えに来てくれたが、三日ほど一緒にいただけで
    新しい恋人の仕事に付き添うと言う理由で、母は一人で東京へ行ってしまった。
    知らない土地で、私は一人ぼっちになった。
    ある日、風邪を引いて4日熱が下がらず、助けを求める為に母に電話しようとしたら、電話が止まっていた。
    這うように電話ボックスへ行き、母の携帯に電話をしても「ごめんね。帰れない」ばかり。
    あまりにも酷い仕打ちに泣きながら暴言を吐いたら、母は悲しげな声で
    「子供とは一生一緒にいる訳じゃない。私には私の人生がある」と言われ、一方的に電話を切られた。

    それから先は覚えてない。ノイローゼになったのは確かだけど。
    結局、私は誰の為に母を守ったんだろうか。あの人は、あの時、タヒんどくべきだったのか。
    未だに色々考えては、答えも出せずに、発狂するのを堪えてる。

    このページのトップヘ