いじめ

    431 :[キチママ戦記] 2019/11/14(木) 22:23:05 ID:lx.hz.L1
    高校一年生の双子の息子、中学二年生の娘がいる専業主婦です。

    娘はいじめを受けて小学四年生辺りから別室登校や不登校を繰り返していました。
    しかしうつ病だと心療内科で診断された時(中学一年生の春)からは娘がいつかふと自杀殳してしまいそうで怖くて、中学校に通わないことを私や夫揃って容認しております。
    夫も娘同様にうつ病で特殊な仕事なので休暇が取りやすく、今週中はずっと休みを取っています。

    今日の夕食時、夫が入浴をするために、息子達がゲームをするために席を立った後は娘と二人きりで食事をしていました。
    ちなみに、夫と息子二人は食べるのが早く、食べるペースが遅めの娘と私の入浴はいつも夫達の後です。


    娘とテレビを見ながら談笑していた時に夫がいつも通り下着のみをつけた状態でお風呂から上がってきて、座っている娘の後ろに立ちました。

    恐らく頭を撫でようとしたのでしょうが、すぐに手を引っ込めて「○○の、フケがついてる」と冗談めかしながら言いました。
    夫のデリカシーが無いのは結婚してからのことです。
    私が娘の頭を見るとフケなんてなく、白い少し大きめのゴミがついているだけでした。

    娘が俯きながら「なんでそんなこと言うの……」と泣きそうな震えた声で言うと、夫は少し狼狽えていました。
    私が夫を睨みながら「フケじゃなくてゴミだよ」と言うと、
    バツが悪くなったのか夫は「あぁ、そう?」と言うだけで謝りもせずすぐに立ち去ってしまいました。


    娘はその後目に見えて暗くなってしまい、慰めたりフォローをしたりしたのですが、夕食の鍋を食べながら泣き出してしまいました。
    曰く、小学生の頃はよく「フケがある」と虐められていたのだとか。
    娘は元々ズボラな方で毎日お風呂に入るわけではなかったのですが、とある時期から毎日三回以上は入りたがるようになっていました。
    多分その頃辺りにふけのことでいじめられたのだと思います。

    幸いなことに天然パーマは引き継がれませんでしたが、息子二人も娘も肌が弱く、フケが出やすい体質のようです。
    何を言っていいのかわからず、
    お母さんの肌がこんなだから肌が弱くなっちゃったね、ごめんね、と謝ると娘はお母さんは悪くないよと泣きながら言ってくれました。
    私は息子たちを妊娠した辺りから肌もカサカサで、娘は肌は綺麗なのですが頭皮は弱いみたいです。

    娘は
    「ブスとかデブとか言われていじめられたから、お兄ちゃん達とかお父さんにブス、デブって言われるのも辛かった」
    「本当は嫌だったけど、場の雰囲気が悪くなるのも嫌だったから言えなかった」
    と言っていました。
    実は私もよく夫や息子達に注意していたのですが、情けないことにそんなこと初耳でいじめがまさかそこまで深刻だったとは思っていませんでした。

    659 :キチママ戦記 2012/02/25(土) 15:01:17 ID:8FAAsI1G
    気に食わないサークル仲間を大学生にもなって苛め、自杀殳に追い込もうとした友達。
    でも自杀殳未遂で終わり、なんとか学校に来た子に一言。
    「うわぁまだ生きてたんだ?恥ずかしいねぇw最上階の高さからだったらタヒねるよ?」

    …おもわず怒りこみあげて彼女ひっぱたいてしまったら次のターゲットは私に。
    何故か周りは彼女の崇拝者ばかりで(美人だからか?)、ビンタするお前が悪い、
    彼女のこと誰かに言ってみろ、全力で潰すの一点張り。


    もうタヒにたい嫌だ
    660 :キチママ戦記 2012/02/25(土) 15:40:16 ID:8JsnK2CF
    >>659
    タヒにたいほどなのに「やめる程しゃない」のか?
    661 :キチママ戦記 2012/02/25(土) 15:53:31 ID:rXtNrfs8
    >>659
    釣りじゃないのなら、縁を切れば?
    あとボイスレコーダーで彼女との会話も録音しておけば、
    後々、役に立つと思うよ。
    そんな馬鹿のためにタヒんだら、
    あなたの親が悲しむからやめてあげてね。
    662 :キチママ戦記 2012/02/25(土) 17:27:24 ID:A9Z5Pt77
    マジならこんなところに書き込んでないで然るべきとこに報告すべきだろ…
    引用元:https://www.logsoku.com/r/2ch.net/kankon/1326804994/

    551 :[キチママ戦記] 2019/10/26(土) 21:51:43 ID:7ux
    仕返しかどうかは微妙だけど。

    職場で理不尽なイジメをしてくるAさんという人がいた。
    変にプライドが高く、誰か見下してなきゃタヒぬ病気なのかと思うくらいで彼女のターゲットになった人はネチネチいびられ精神を病み会社を辞めた。
    どうか自分はターゲットになりませんように…と願いも虚しく、ある日から陰湿なイジメが始まる
    挨拶を返さないはもちろん、業務に支障がでるようなことも私が関わる内容は難癖をつけるし
    誰かさんのせいで仕事がやりにくい!ストレス溜まるわ!と大声で言われたのも一度や二度じゃない
    見かねた同僚がシフトを代わってくれると、私から逃げるのかと睨まれた。
    それでもAさんが仕事を続けられたのは、資格持ちで立ち回りがうまかったからだ
    皆が彼女の顔色を伺い、機嫌を損ねないようにビクビクと怯えながら働く職場。
    もちろんやられっぱなしも腹が立つので上司に相談したけれど
    「そこはうまくやってよ大人なんだからさぁ」
    「飽きるまで待つしかないんじゃない?いつ飽きるかわからないけどね」とあてにならず。
    半年くらい頑張ったけれど限界で転職も考えつつ、ネットで知った『塩まじない』というのをやってみた。(やり方はググってください)
    かなり本気で憎しみを込めて、もはやおまじないというより呪いに近いものだったけど何も起こらずイジメは続く。
    その1ヶ月後に未曾有の大災害が起きた。
    会社は大ダメージを受け、休み返上で復興に向けて働く毎日にも続くイジメに心が折れた私は自律神経を壊し数日休みをもらった。
    休み明け、出勤するとAさんの名前はシフト表から消えていた
    私がいない間に晴らせないストレスでキレたAさんは上司とトラブルを起こし、勢いで叩きつけた辞表をあっさり受理されてしまったそうだ。
    どうせ辞めないでくれと引き留められるだろうと思っていたらしいけど、ウチの会社は去る者は追わない主義だと知らなかったのか…






    641 :[キチママ戦記] 2019/06/24(月) 13:28:12 ID:pB+lXCPC.net
    同じ職場の障/害を持っている男性.同僚Yさんが結婚すると課長と係長へ照れ臭そうに報告している時にベテランEさんとSさんを始めとするその一派がこぞって「ままごと婚!!」と揶揄し始めてそれから色々とYさんへの「いじり」を始めた。
    EさんとSさんたちはあくまで祝福しているつもりだったのだろうけど私はそりゃないだろうって思って知らん顔をしていた。
    もちろん新婚のYさんは傷付いてしまい早退してしまった。
    EさんとSさんたちは「ホントのこと言ったら拗ねて帰った!!」なんてYさんを完全にバカにして笑い者にしていた。
    しかしYさんがブチギレて覚醒したのはすぐのこと。
    主犯格のEさんとSさんを筆頭に一緒にバカにしていた社員と課長と係長に人事部長まで巻き込んで名誉毀損に数々の嫌がらせを受けていた証拠を出して来た上に弁護士を立てて法廷闘争まで持ち込んだ。
    結果はEさんとSさんとその一派は退職に追い込まれて賠償命令も降った。
    課長と係長は管理不行き届きとして強制降格させられた。
    私の修羅場は毎日定時退社だったのに長年EさんとSさんが担当していた業務を引き継いだのはいいけど1年半以上毎日残業していたこと。
    いくら「いじり」とは言え私はその日以来絶対に人のことはバカにしたり笑ったりしないように気をつけている。
    Yさんはそこの部署の超ベテランになっているのと子どもはいないけど綺麗で優しい奥様と今でも幸せな家庭を築いている。

    819 :[キチママ戦記] 2019/10/29(火) 09:56:44 ID:WY.bo.L1
    中学生の頃の話。
    ある放課後、A子と2人でだべっていた。そのとき、流れは忘れけど、A子から
    「前、虐めてたのに仲良くしてくれてありがとう。」と言われたのが衝撃だった。
    なぜかというと、その時まで虐められたと思ってなかったから。ただその言葉を聞いて色んなことを思い出した。

    思い出したのは、
    話しかけてもスルーされることが多かった。でも、聞こえなかったかな?と気にしていなかった。
    休み時間遊ぶ子がいなかった。でも、一人でいるのが苦ではなかったし、男子と話してたから気にしていなかった。
    私の学校カバンが男子トイレ内にあった。でも、だれか間違えたのかなぁ?と気にしていなかった。

    当時、私は周りより幼くて人の悪意とかに疎かったというか、ぼーっとしていたのか、本当に気づいていなかった。
    上に挙げた例以外にも何かされてたかもしれないけど、わからない。A子の一言で点が繋がって線になった感じがした。

    気づいていなかったのが恥ずかしかったので、A子には「お、おう」みたいな返事しか出来なかった。

    おめでたいというかなんというか、どんだけ鈍いんだ、自分。

    167 :キチママ戦記 2014/06/06(金) 07:03:31 ID:q70Y1HBn7
    今夜旧友と呑む約束をしていて
    思い出したので仕返しした昔話を

    小学生のころ私は苛められていました
    足が遅理由は気が弱く、当時の年齢としては大きな体格
    太っていてい、それらが理由だと思います
    当時私のいる小学校では足が速く明るいのが
    ヒーローの条件でしたから

    苛めの内容として、小突かれのろまと罵られたり
    靴や物を隠されたりお約束通りのものでした
    168 :キチママ戦記 2014/06/06(金) 07:07:16 ID:q70Y1HBn7
    当時はまだイジメや体罰がさほど問題視されておらず
    それを親に相談したら、気の強いおっかさん風味の母、
    無学で熱い職人の父は揃って
    苛められるお前が悪い!と言い
    私を街の空手と柔道の道場に通わせました
    169 :キチママ戦記 2014/06/06(金) 07:11:19 ID:q70Y1HBn7
    幸いに、当時体格の良かった私は
    試合などでもそれなりの結果を出し始め
    格闘技が楽しく、好きになっていきました
    イジメられることはもうどうでも良くなり
    師範方も、決して私闘に臨んではいけないよ
    君たちは格闘技者なのだから押して忍ぶように
    と堅く戒められ、私もその戒めの意味はわからないながらに
    それをかっこいいものだと思い守っておりました
    170 :キチママ戦記 2014/06/06(金) 07:15:50 ID:q70Y1HBn7
    中学に上がり学区は隣の小学校が加わる形になり
    元々のイジメっ子に加え隣の小学校の者たちも加わり
    私に嫌がらせする人数は増えていきました
    あいつは何をやっても怒らない
    と、当時彼らには仏像と呼ばれていましたねw
    もうそのころはそういった雑事は気になりませんでしたし
    友達も出来、勉強も面白いのでどうでもいいと
    表面上は思っていました
    171 :キチママ戦記 2014/06/06(金) 07:23:34 ID:q70Y1HBn7
    さて、時は平成に入り、世間はとあるプロレスを越えようとした
    プロレス団体の出現に世は格闘技ブームになり
    私はもっと強くなりたいと欲し親を説き伏せ
    当時最新鋭だった小さい空手団体に加入しました
    イ谷に言う寝技関節技もアリのフルコンタクト
    まだアンダーグラウンドな怪しい道場でしたw
    そこに入るには生命の保証はない云々の誓約書に
    時代錯誤な血判を押すというところであり
    道場生は兄弟、親子であるという信念がありました
    当時正に中2だった私は文字通り中2病全開でそこに傾倒していきました
    172 :キチママ戦記 2014/06/06(金) 07:28:48 ID:q70Y1HBn7
    受験が迫るプレッシャーでしょうか?
    イジメは苛烈になっていきました
    そして折しも格闘技ブームの中、イジメっ子たちも毒されたのでしょう
    どこで噂を聞きつけたのかその道場に入って来たのです
    驚きました、そして私は師範に相談しました
    彼らは私を苛めている人達です、と
    すると師範は笑って
    そんなのは道場の外の話だ
    ここではお前が彼らの兄貴分、可愛がってやれ、と
    道場で言う可愛がれの意味はと言えば…そういうことですw
    173 :キチママ戦記 2014/06/06(金) 07:32:28 ID:q70Y1HBn7
    翌日彼らは学校で有頂天に吹聴していました
    俺達はあの最強の道場に入ったと
    そして彼らの1人がやってきて私に
    お前もあそこにいたよな?苛めてやっからよ、と笑いました
    その時何故か私は初めて彼らを憎んだかも知れません
    私の愛する場所を土足で踏みにじる卑劣漢め!
    と不当な思いだったのだと思います
    174 :キチママ戦記 2014/06/06(金) 07:37:46 ID:q70Y1HBn7
    彼らとはしばらく道場内での接触はほとんどありませんでした
    彼らは不真面目でしたからね
    苛めていた私がいるような所ですから
    大したことないと思ったのでしょう
    師範に私は思うところを訴えたのですが
    師範は笑ってほっておけ、奴らももう兄弟なんだからと言うだけです
    私にはその時はまだわかりませんでした
    175 :キチママ戦記 2014/06/06(金) 07:41:40 ID:q70Y1HBn7
    そしてある日、彼らと私が道場で揃った時です、師範が言いました
    おい、お前らそろそろ実践稽古するか?と
    喜ぶイジメっ子たち
    そして師範が言います
    よしお前(私のことです)兄弟子として胸を貸してやれ
    お前ならそんなヒヨッコまとめても余裕だろ、と煽るように
    ヒートアップするイジメっ子たち
    そして組み手が始まりました
    177 :キチママ戦記 2014/06/06(金) 07:59:27 ID:q70Y1HBn7
    最初に彼らのリーダー格の小学校からのイジメっ子
    礼の時小声で
    調子にのんなよ、ぶっ飛ばす
    泣いても許さねえからな
    これで私の頭の中の何かがキレました
    179 :キチママ戦記 2014/06/06(金) 08:06:12 ID:q70Y1HBn7
    結果だけ言うと、全員病院送りレベルで叩きのめしました
    相手の宣言通り泣いても許しませんでした
    それで許してくれるような道場でもありませんし
    泣く元気があるなら反撃しろ!と
    怒られるような所ですから

    全員を叩きのめして我に返りました
    私はなんてことをしたんだろう…
    でも後悔より邪魔なものが無くなった爽快感の方が
    大きかったと思います
    そのまま何故か道場で泣きました
    師範と審判をしてくれていた事情を知る先輩が抱きしめてくれました
    師範が、強くなったな、と初めて誉めてくれました
    また私は泣きました
    でもその後、雑魚相手にやり過ぎだから
    加減を覚えないと一人前になれんよ?
    と笑いながら怒られましたけどw
    180 :キチママ戦記 2014/06/06(金) 08:21:34 ID:q70Y1HBn7
    その後、イジメっ子だった彼らは私を先生と呼ぶようになりました
    師範が彼らに、俺は学校でのことは知らん
    でもお前らにとってコイツ(私)はおまえ等より遥かに強い先輩だ
    それを踏まえて今後も仲良くしなさい
    といってくれました
    彼等なりのそれが答えだったのでしょう
    カバン持ちや家への送り迎えまでするようになりました
    それから彼らとは道場、私生活でも切磋琢磨する仲間になりました
    今日は彼等と久しぶりに呑みます
    たまに呑むと今では笑い話ですw

    元イジメっ子の1人は空手の魅力に取り付かれたのか
    その人生を空手に捧げ、今は遠い町で道場をやっています
    その彼も今日は飲みに来ます
    彼は道場生に弱いものを苛めるなと教えているそうです
    呑むたびにみんなでお前がいうな!と笑いあいます

    今はいい思い出です
    私はイジメに対して自分で吹っ切るキッカケが出来たことが
    本当に幸運だったと思います

    お目汚し失礼しました
    182 :キチママ戦記 2014/06/06(金) 12:51:14 ID:NAdRGA5GU
    >>180
    本宮ひろしで漫画化決定!
    引用元:http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1395985297/

    このページのトップヘ