借王の首が回らない速報

借金、ローン、融資、借入、キャッシング、債務整理、生活苦、自己破産まとめ

    もやもや

    817: 名無しさん@HOME 2016/01/11(月) 09:20:41.41 0
    久しぶりに実両親に連絡取ってモヤモヤしたから吐き出し。
    実両親は、計画性というものがまるでない。なので資格職共働きなのにローン貧乏だった。
    私が結婚する時奨学金を親に払ってもらっていた。感謝していたが、2年後妹の進学の為、お金が必要だから打ち切りたいと言われ、了承。この時私の子が一才だった。
    一年後、途中で足りなくなり妹大学中退。そして母が新築一戸建て購入。両親離婚し、母親だけで30年ローン組んだ。当時母50代。
    色々事情はあるらしいが、その時妹弟の奨学金込みで組んだそう。

    それから更に数年、妹結婚。知人に「借金してでもお金用意すべき」と言われ、母それなりの金額用意。
    私の時は出産祝を数万貰っただけだった。妹は奨学金の支払もなく、まっさらな状態で嫁いでいった。羨ましくて、黒い感情が沸いてきてモヤモヤする…。
    今年下の子入学だから用品代貰えないかと連絡取ったら「お金ないから義両親に用意してもらって。出来るとこがすればいいじゃない」だって。
    差別されてるのが気になってたんだとその時気がついた。申し訳なさそうにしてたならまだ理解出来たのかも。
    長々と失礼しました。

    1 :[借王の首が回らない速報] 2021/10/29(金) 09:56:31 ID:QbW8wthK9.net
    現役東大生の布施川天馬さんは、家庭の事情から1日8時間のアルバイトを週3日続けながら東京大学に合格した。
    布施川さんは「“親ガチャ”という言葉がはやっているが、自分の人生は生まれた家庭だけでは決まらない。
    その言葉に甘えて可能忄生をつぶすのはもったいない」という??。

    (中略)
    ■世帯年収300万円台の家庭から東大を目指した理由
    かく言う僕もその1人。僕の通っていた高校は東大合格実績がほとんどなく、僕が創立史上3人目の東大進学者でした。
    もちろん同期や先輩に頼れることもなく、孤独な闘いを余儀なくされました。

    さらに言えば、足立区にあった僕の実家は、有り体に言って貧乏でした。
    後から聞いた話では、世帯年収は300万円台ということで、東大生の親の平均年収の半分にも満たない数字しかありません。

    高校時代の学費も、特待生待遇でタダにしてもらっていたためなんとかなりましたが、
    万が一特待生から落ちたら即刻退学、転校だと常々言われながらの学校生活でした。

    (中略)

    ■「自分には可能忄生がある」と愚直に信じ続けるしかない
    最近では「親ガチャ」という言葉がはやっているようですが、この言葉に甘えて自分の可能忄生をつぶすのはもったいないことだと思います。
    もちろん、中にはこの甘い言葉にもたれかかって生きるしかないほど傷を負ってしまった人もいるでしょう。

    ですが僕は、もしも「自分がまだ頑張れる」と思える余地があるなら、苦しくても自分の足で前に進むべきだと思います。

    僕が、「うちには受験費用のお金すらないかもしれない」と焦っている時、当たり前ですが、僕の家族へ手を差し伸べてくれる人は一人もいませんでした。

    結局、緊急事態に頼ることができるのは、自分しかいないのだと思います。状況を変えたいなら、誰かが手を差し伸べてくるのを待たずに、自分が動くしかないのです。

    才能や可能忄生があるかどうかなんて、わかることではありません。それに、ないと判明したからどうだという話でもありません。

    だからこそ、あるかどうかも分からない自分自身の可能忄生を愚直に信じ続けることしか道はないのではないでしょうか。
    https://president.jp/articles/-/51150?page=5

    ★1が立った時間:2021/10/28(木) 14:04:40.77
    ※前スレ
    【社会】東大生「貧困家庭に生まれ、バイトしながら東大に合格した。“親ガチャ”という言葉に甘えるな。」 ★7 [ボラえもん★]
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1635461534/

    このページのトップヘ