ストーカー

    486 :[キチママ戦記] 2019/11/16(土) 17:51:23 ID:HS.nk.L1
    はじめての就職先でひどいセク八ラにあい、証拠を集めて戦った末、相手はクビになったけど居心地が悪く、3年で退社した
    最初の退社では夫も一緒に弁護士と話をしてくれて、支えてくれてた
    二つ目の会社ではお客さんがス㋣ーカーになった
    60歳を過ぎていて、脳の機能が弱っているのかとても直情的な人で、その人からのアプローチを断り続け、店も出禁にしてくれた
    私も店舗異動になった
    でも定年退職した独身の男性.は暇を持て余してたようで、すぐにス㋣ーカーになった
    夫から「勘違いさせるようなことしてないよね」と疑いの目を向けられた
    退職したあとも男性.のス㋣ーカーが続いて、男性.は逮捕された
    今三箇所目なんだけど、またセク八ラを受けてる
    相手は取引先の偉い人で、この人も60歳くらい
    会社に相談したけど、こちらの方が立場が弱いから、どうにもできないと言われた
    かといって相手が私を指名するなら担当も変えないって、パワハラもされてる
    夫に相談したら、「いい加減にしろよ!」とキレられて、今日離婚届渡された
    「お前はもう30過ぎてるんだぞ!オバサンなんだぞ!いつまでセク八ラでうじうじしてるんだ!」
    そう言われて、出ていかれた
    普通に働いて、普通の家庭を築く
    なんでそんな普通のことができないんだろう
    転職するにしても、明日で31歳
    それなのに転職4回目
    こんな職歴でまともなところ見つけられるのかな、つとまるのかな

    562 :[キチママ戦記] 2019/11/20(水) 13:22:18 ID:HgG
    車通勤なのに、精神障/害者に徒歩でス㋣ーカーされてた。
    もう少しで自宅が特定されるところだったのを知った時が修羅場。

    ス㋣ーカーの仕方は、
    職場(複合施設)の駐車場で待ち伏せ→私が車に乗る→見えなくなるまで目で追いかける→見失う
    翌日、見失った地点で待ち伏せ→私の車が通る→見えなくなるまで目で追いかける→見失う
    翌日、見失った地点でry
    延々この繰り返し。
    こんなやり方で毎日張り込まれ、三十キロくらい離れている自宅の目前まで迫っていた。

    そう言われれば通勤中に作業服の男性.を見た気がするけど、田舎なので軽トラに乗ったおじさんとかいるし、近くに土木作業員の寮もあった。
    だから見かけてもまさか私のス㋣ーカーだなんて思いもしなかった。
    そのス㋣ーカーはス㋣ーカー中に事故に遭い、それでス㋣ーカー両親が職場に怒鳴りこんできて発覚した。
    けど私は当時退職済み&臨月で出産間近だったので、体に障らないよう全部会社と旦那がシャットアウトしてくれていた。

    つい最近、もういいだろうと思うから話すけど、と私が知らない間にス㋣ーカーと示談になっていたことを知った。
    ただただ驚いたあと、泣くほど怖くて震えた。
    ス㋣ーカーは、家を特定できたらそれはもう運命だから私と結婚できる!と思っていたらしい。押し入る算段もつけていたとか。
    押し入られていたら子供はどうなっていただろう。
    いい物件を見つけた!退院したら新しい家に引っ越そう!って言われて、急だな!とは思ってた。
    でも引っ越し先が本当にいい環境で、「子供が生まれて幸せ!家も新しくて幸せ!旦那ありがとう!」と感謝一杯頭の中お花畑だった。
    その時、実は君のス㋣ーカーが前の家の目前まで来てて逃げるために…とか言われたら、子供を害される恐怖で泣きわめいてたかもしれない。
    会社にもだけど本当旦那には感謝しかない。なので今日は旦那の好物を作ります。何もなくて本当によかった。

    882 :[キチママ戦記] 2011/07/13(水) 18:21:08 ID:9m6vOduaO
    カップル板でいいのか分かりませんが投稿します。
    言葉足らずなところが有るかも知れませんがなるべく質問には答えます。



    私の彼女の妹が高校生二年生の時の話です。
    彼女妹には同じ学年の他クラスに彼氏がいました。しかし、彼女妹が別れ話を持ちかけてからその彼氏がス㋣ーカー化しました。

    復縁を迫る電話やメールがひっきりなしに来るようになり、着信拒否にしたり、メルアドを変えても友人等を通じてアドレスを入手したり、パソコンからメールを送信したり、携帯以外の電話からかけてきたり。

    学校内でも、ことあるごとに復縁を迫ってきたそうです。それで彼女妹の友人が常に一緒にいてくれるようになったのですが、元彼はいつも彼女妹を見ていて、付きまとったりしてきたそうです。その時点ではまだ校内限定でした。

    424 :[キチママ戦記] 2019/11/13(水) 21:24:50 ID:hD.cy.L1
    同じサークルだった友人カップルAとB子の話
    社会人になって数年後に結婚したが、入籍直後にB子が勤め先で不倫して離婚。
    この時点では「B子なんなん…Aかわいそう…」で全員の意見が一致していた
    その後B子は親友の女友達以外とは連絡を取らず、私も接点はない

    何年かして別のサークル仲間の結婚式にAが出席したが、そのときやたらにB子親友の子に話しかけていた
    それから数ヶ月して、そのB子親友から
    「Aからス㋣ーカー被害を受けて警察に被害届を出した。
    私の連絡先などを絶対にAには知らせないで。
    Aとあってしまうかもしれないのでサークルの集まりなどは冠婚葬祭含めてこの先遠慮させてもらう」
    という連絡がきた

    AはB子との復縁を希望していて、なんとかB子と連絡を取ろうと親友につきまとい、
    家や職場に押しかけたらしい
    ちょうどそのころ、ス㋣ーカーになった元夫が元嫁をかくまう親族を杀殳す…という事件が起きていて
    私達も「ひえ…」ってなった

    サークル仲間の男性.陣はまだAに同情的で「酒でも飲んで話を聞いてくる」と集まったりしていたが
    「Aはなんでか知らないけど、B子とよりを戻せば何もかもうまくいくと思い込んでる」
    そうで、「何度か話し合ったけど、ちょっともう無理だ」とさじを投げた。

    しかし、離婚に積極的なのはAのほうだった
    「こんな裏切りをされてもう昔のように信頼できない」と行っているのを確かに聞いた
    私達も「まぁそうだよねぇ」と
    裏切られて自分から捨てた女になぜ何年もたってから執着しだしたのか。
    被害者のはずだったのに、今ではもうAのほうが「やばい奴」という認識になってる
    Aの神経がわからんというか、もう違うところに行ってしまったんだろうか

    280 :[キチママ戦記] 2018/10/17(水) 15:21:42 ID:6TssmVG2.net
    母が藁人形を作って燃やしていたこと

    当時大学の部活の人からス㋣ーカーをされて、部員は動いてくれないし学生課?に相談しても様子見で色々参っているときだった
    ベランダにフライパンが置いてあったから、なんでここに置いてるの?と聞いたら、藁人形を燃やしたと。
    警察に取り合ってもらえる段階じゃないし、大学に相談してもどうにもならないのでそういう手段に出たらしい
    そんなことしたら母さんも呪われるよって言ったら、私に危険がなくなるなら自分はどうなってもいいと言われた。
    私にとっては大好きな母なのでどうでもよくないし、母に何かあるたびあの時の報いなのかと身構える
    やっちゃいけないことには違いないけど、それをやる位心配させてたと思うと申し訳なくなる
    普段ほとんど神様とか信じないけど、たまに思い出してはどうか見逃してと祈らずにはいられない。

    130 :[キチママ戦記] 2015/10/30(金) 09:38:08 ID:hZF
    そこそこ昔の話だが、分譲+賃貸の混在するマンションに住んでた。
    ある年の夏から秋にかけて、郵便受けに変な写真入りの封筒がたびたび投かんされるようになった。
    明らかに隠し撮りとわかるような女性.の写真で、1回当たり10枚くらいは入ってたかな。
    こっちで保管するわけにはいかず、毎回管理会社に連絡して持って行ってもらってた。

    ここまで書けばもうオチまで予想がつくと思うけど、冬のある日、俺の留守中に
    見知らぬ男がうちの部屋の前で暴れて逮捕された。
    俺の部屋に以前住んでいた女性.のス㋣ーカーだったそうだ。
    包丁やらロープやらS/Mグッズやら灯油入りのペットボトルやら、不穏なブツが大量に出てきたそうだよ。

    ス㋣ーカーのくせになんで彼女が引越したことを知らなかったんだ?と思ったら
    彼女を追いかけている最中に事故を起こして、半年も入院していたらしく、
    ようやく退院できたと真っ先に彼女の住む部屋に行ってみたら、見知らぬ男が出入りしている。
    頭にきて、見知らぬ男(俺)に自分の存在を知らせて追い出そうと、写真攻勢をしかけたけど
    まったく意に介さない様子だったので、ついに実力行使に及ぼうとしたところを逮捕に至ったそうだ。

    半年近く俺の部屋を監視していたらしいが、ス㋣ーカーのくせにどうしてターゲットの気配がないことに
    気づかなかったんだと衝撃を受けた。
    あと、ターゲットになった女性.から何故か「ご迷惑をおかけしました」と菓子折りが届いてビビった。
    なんとなく居づらくなって、すぐに引っ越したけど。

    480 :[キチママ戦記] 2014/07/01(火) 19:49:32 ID:bhwmROcBq
    冤罪を吹っ掛けられたけど手元に反論材料があったので即撃退できた修羅場。

    仕事の都合で数ヵ月だけ京都に住んでた時、飲みに行ったバーでとある美人と知り合った。
    すごく可愛い。もう一目惚れ。性.格や会話の口調も快活で趣味も合った。
    頻繁にバーで一緒に飲んだし、デートと言えるかわからんがちょっと二人で出かけたりもした。
    だが俺が地元の北海道に戻る時が近づき、ちょうど彼女も近い時期に四国の実家に戻るらしい。
    離れる前にダメ元で告白した…がやんわりとお断りされた。
    俺も相応に凹んだが、仕方がないと思い地元に帰った。
    彼女のメアド携帯番号などはそのままだが離れる際にフラれたという気まずさからそれ以降連絡はしてなかった。
    そのまま半年近く普通に仕事をしていると、珍しく彼女の番号から電話があった。

    52 :[キチママ戦記] 2012/01/31(火) 00:33:14 ID:ESoeXumrO
    豚切りすまん。明日休みだから昔の話を投下する。多少フェイク有り。年齢は当時のものです。

    姉子 20歳 どえす
    妹子 18歳 ねくら 半ヒキ
    僕男 19歳 姉子の下僕 しかしどえす
    スト男 30代 姉子のス㋣ーカー
    私子 19歳 ふつこ 第三者

    私家は父がイケメン、母は副顔。子供はみんな女。そんな家族構成をしていました。
    姉子と妹子は父親の家系の血を受け継ぎ、美人。私子は母親の家系の血を受け継ぎ丸い副顔。
    そんな感じで、近所でも有名な美人姉妹(笑)でした。

    しかしどちらかと言えば、妹子は姉子に劣っていた為、近所やクラスメートにからかわれる事が多かった。
    幸いにも姉妹に似てなさ過ぎた私は、クラスメートも近所の人達も「あ、ごめん」みたいな空気でスルーだった。

    893 :[キチママ戦記] 2014/12/14(日) 08:52:22 ID:???
    まだス㋣ーカーって言葉が無かった頃のお話です。

    小学生の頃、近所に引っ越してきた家族がいて、そこに10歳上の男性.(以下A)がいた。
    今思えばAは無職のパラサイト。
    小太りで無害そうだったためか、たまに近所の子供達の遊び相手になってた。
    そのA、私が中学生になるとストーキングをするようになった。
    登下校時についてくる(下校時は門の近くの文房具屋で待ち伏せ)、家のそばをウロウロする、
    土日に出かけると追いかけてくる(もちろん撒く)、手紙や飴玉を渡してくる
    飴玉は捨てて、手紙は最初だけ読んで2回め以降は読まずに捨てた。
    手紙の内容は支離滅裂で意味不明、長文で告白ですらなかった気がする。宇宙とか過去と未来とかなんとか。
    告白だったのかも知れないが、それはそれでアウトだった。
    うちの両親がAの両親にクレームをするも、Aの両親は「まあ子供のすることですから」と話にならない。
    20代なかばは子供じゃないだろっと両親は呆れたが、A両親はどうも「嫁を貰えばAはしっかりする」
    と考えていたらしい。
    ある時庭にAが侵入してて母が警察を呼んだ。
    しかしAは「投げたボールが庭に入って取りに来た」と言い訳をし、警察もなあなあで済ませた。
    うちは祖父の代から住んでる土地で引っ越すのも納得がいかないし、私も転校は嫌だったから、
    自衛するしかなかった。
    洗濯物を干す時も庭は避け、家や学校の出入りも裏口や裏門を駆使し、
    暗くなってからは一人で出歩かないようにしたりした。
    それでも危険を感じた私は、自宅よりも学校にほど近い叔母(独身一人暮らし)宅に住まわせて貰って
    学校に通うようになった。
    叔母宅は新興住宅地で新しい家だし、自宅に比べて周りに住んでる人の目も多いので多少安心だった。
    そうして不安な日々を過ごしているある日、Aがタヒんだ。
    なんと私が叔母宅にいることを知り、叔母宅の裏の山から侵入を試みて滑落タヒしたらしい。
    新興住宅地は山を切り開いて造成されていて、裏の山の半分をほとんど垂直に削って崖状になっていた。
    Aは何を考えたのか、深夜その崖を降りて私のいる叔母宅に侵入しようとしたらしい。
    人に見られる可能性.があるとはいえ、叔母宅は要塞でもなんでもなく、侵入自体は正面からでもなんなく出来る。
    防犯カメラとかいった気の利いたアイテムも無い時代、おそらく人目を避けるためだけに20mはありそうな
    崖を落ちていったAの存在が衝撃だった。

    954 :[キチママ戦記] 2013/11/23(土) 18:23:52 0
    浮気が発覚しても別れないと宣言されたこと

    ある日義両親に呼び出され、興信所の調査結果を突きつけられた
    そこには、メールや写真、果ては子供のDNA検査など
    いろんな種類の証拠が克明に記されていた
    「私さんは浮気をしてるから別れなさい」
    顔が青くなる私を前に
    夫は「知ってた」と一言

    晴天の霹靂だった
    だって私にとって夫は疑うことを知らない、人がいいだけの男って印象だったから
    めんどくさくて家事や育児を押し付けても
    「疲れてるんなら俺がやるから休んでいて」ていっちゃうタイプ
    途中から疲れてそうな演技をするのもだるくて、
    日中に出かけるのにもだんだん言い訳しなくなった
    それでもへらへら笑ってるだけだったし

    姑が知ってるなら話が早いと事務的に今後の話を進めようとすると
    夫がそれを遮って「絶対に別れない」
    曰く
    ・子供のことも浮気のことも結婚前から知ってた
    ・私が何をしても好きだから別れる気はない
    ・文句言うなら絶縁する

    義両親たちに正気に返れだの、騙されてるだの色々いわれたけど
    夫は二人のことだからほっといてほしいと、私の手を引いて家から出た
    なんかテンションが変ですごく楽しそうだった
    「何で笑ってるの?」と聞くと「楽しいから」と

    このページのトップヘ