弁当

    765 :[キチママ戦記] 2013/05/21(火) 19:15:44
    他人の話になるが、ごめん。
    俺の嫁は不器用な上に、今までは食えればいいやって感じで飯を作ってたらしい。
    だから見た目が良くない。でも味はうまいんだ。
    特に卵焼きがきれいに巻けなくてぐちゃぐちゃ。
    毎日弁当作ってくれるんだけど、今日同僚に見られて
    「ひっでえ卵焼きだな~、こういうのメシマズって言うんだろ?
     料理の下手な嫁をもらった男はかわいそうだよな~」
    って言われた。
    てめえ俺の嫁のメシのうまさ知ってんのか、って言いそうになった時、
    「お前はマンゴー入りのカレーを食ったことがあるか?
     お前はいちごミルク煮込みうどんを食ったことがあるか?
     お前はジャムと刺身の入ったオムレツを食ったことがあるか?」
    ってすごい勢いで先輩が同僚に食って掛かった。
    念のため聞くが、俺の嫁はメシマズじゃないよな?
    そして、先輩の嫁はメシマズだよな?

    208 :[キチママ戦記] 2009/02/18(水) 17:15:17 0
    うちは自営業で、勤め先に家族分の弁当を持っていくんだが
    その近所にお勤めのトメさんが弁当食いに来る。
    それだけならどうせ作るもんだからまだ良いが、来るたびに文句ばかり。

    そこでやっと手に入れた蜂の子の缶詰。
    幼虫系が大の苦手のトメさんのために、蜂の子トッピングの特製弁当を
    作ってさしあげた。

    タッパーのフタとって数秒、おかずの表面を見つめるトメ。
    そこから空気が漏れるようなひゅえーみたいな声出してへたり込み
    はいずり回ってた。腰が抜けたらしい。

    ははは私の料理なんか気に入らないだろ。やっぱ嫌だろ。
    だから食いに来るな。


    716 :[キチママ戦記] 2016/05/25(水) 00:24:43 ID:WXI
    情けない相談
    嫁は毎日俺と中学生の娘に弁当を作ってくれる
    俺にはがっつり系で娘は可愛い系で違ったものを作ってくれてそのこだわりには感謝しかない
    今日、嫁が俺と娘の弁当袋に間違って互いの弁当を入れかえてしまったらしく、娘の弁当が入っていた
    その弁当がとにかく可愛いんだよ
    プーさんのマカロニサラダとかほうれん草のオムレツとか桜が乗った豆腐ハンバーグとかキュウリとはんぺんを巻いたお花みたいなやつとかが入っていた
    俺は190以上でゴリラみたいな体系だけどこういうメルヘンなものが好きなんだ
    今日はこの弁当で一日中幸せだった
    出来たらこの娘の弁当と同じ中身の弁当にしてもらいたいんだけど、情けないことに恥ずかしくて言い出せない
    俺のいつもの弁当も同じくらい手間がかかってると思うから、中身が同じ方がいいと思うんだけど

    856 :[キチママ戦記] 2020/02/07(金) 20:44:12 ID:kW.zi.L2
    私の弁当をきもーいをいう同僚女がいた
    私の地元の名物を入れていて、見た目が嫌いらしい(虫とかゲテモノ系ではない)

    ある日イケメンが入社してきた
    同僚女は見るからに色めき立って狙ってた
    イケメンは私と同郷だったのでそこそこ仲良くなった
    それとなく同僚女に私の好物の名物をキモいと言われて悲しいことを伝えた
    そのせいだけか分からないけどイケメンは同僚女をやんわり避けてて涙目
    人の食べ物きもーいって言うから天罰だな

    607 :[キチママ戦記] 2008/11/17(月) 21:41:51 O
    携帯から失礼。食べ物DQです。

    旦那のついでにコトメの弁当も作ってる。
    大した手間では無いから作る事自体は問題無し。
    ただ、コトメが言うには
    「嫁子さんの作るお弁当には色気が無い。兄ちゃんの好物しか入ってない。これならオニギリだけ持って行ってコンビニのサラダ付けた方が良い」
    らしい。
    金曜日はコトメの要望通りにオニギリを持たせて送り出した。
    帰宅したコトメに
    「嫁子さんのオニギリは楽しくない。具に玉子焼きや焼売くらい入れる気遣いが無い」
    と言われた。
    今日コトメに持たせたオニギリの具はチロルチョコとマンゴー味のこんにゃくゼリー。
    (コトメの反応が)楽しいオニギリってこんなのかな?って思っての気遣い。
    さっき留守電に
    「嫁子さんの顔見たくないから今日は帰らない」
    とメッセージが入ってた。
    良トメも旦那も呆れてるんだけどなー…

    このページのトップヘ