復讐

    547 :[キチママ戦記] 2013/06/28(金) 05:43:11 ID:ocuX7kdt0
    同僚が貸してクレクレ君だった。
    工具を使うお仕事だけど、そこまで頻繁でもない。
    会社で買った工具は部署にあるけど、皆それぞれ気に入った自分の工具を自腹で買って使ってる。
    自分の工具はちょっとお高い半分趣味が入った工具。
    工具箱も自作で工具をみてニヨニヨしている。

    同僚も同じような仕事だけど、工具は会社のを使ってた。
    とある日、自分の工具を見てからは会社のを一切使わず事あるごとに貸してくれといってくる。
    始めは良かったが、余りにも頻度が多いので、会社の工具使えよといっても
    自分の工具のほうが使いやすいから嫌だとか言う。
    上に話して使いやすい工具を買ってもらえといっても嫌だと言う。

    さらに貸した工具をボロボロにして返してきやがった。
    弁償しろといって工具の金額言ったら高すぎるとか言いやがった。
    挙句に貸したほうが悪いとか言いやがったので、復讐してやった。

    工具箱にめいいっぱい 鉄 を詰め込んでやった。
    貸してくれとまた言ってきたので工具箱を軽々と持ち上げた振りして
    胸の高さまであげ片手で受け取るようにした。

    笑顔で受け取った瞬間、同僚の腕の力だけで支えきれず、工具箱を離せばいいのに
    握ったまんま工具箱は下に落下。
    肩を脱臼してました。

    731 :[キチママ戦記] 2010/11/28(日) 22:58:41 ID:KChr3mQs
    何年か前、新聞配達のバイトをしていたときの話。
    朝から自転車で配達していたところ、オバサンを追い越そうとしたときオバサンが抱いてた犬に吠えられた。
    その吠え方が、普通のオバサンの抱くようなチワワならいいんだけど、それは見るからに普通の犬(吠えると五月蝿い)。
    おかげでびっくりして転倒してしまい、当時夏だったから半袖にしてたせいで肌が擦れメチャ痛かったし新聞が辺りに散らばってしまった。
    抱いてたオバサンは「あらあらごめんなさいね、でも犬のやったことだし」とそれだけでさっさと去ってった。
    俺はくやしかったが転倒したのはこっちのせいであるため、半泣きで痛みをこらえて新聞を拾っていた。

    すると、前の方でさらにひときわデカイ犬の吠える声が。
    見てみると、近所に住むジイサンが子供ほどはあろうかというかなりデカイ犬を連れていて、その犬がオバサンに非常に吠えていた。
    驚いたオバサンは足を踏み外し田んぼに背中からダイブ、泥だらけ、持ってた犬も当然泥だらけ、むしろぬかるみに吹っ飛んでいった。
    犬は泥にまみれてさらにはるかに大きい大型犬を目の前にしてパニック、悲鳴をあげるオバサンに対しジイサンが
    「あらあらごめんなさいね、でも犬のやったことだし」とオバサンの口調を真似て帰っていった。
    後に残ったのは泣き喚く全身泥だらけの犬と何故か結構いい服(早朝の散歩に来るような服じゃない)を泥だらけにしたオバサン。
    新聞に乗りつつ横を通ったとき、俺も「まあ犬のやったことだし」と言って放置してやった。

    あとから親に聞いた話、あのオバサンの犬は近所では有名な誰彼構わず吠えていたらしい。
    それで、あのジイサンは孫娘が吠えられて泣いて帰ってきたのを知って、復讐してやろうと愛犬と共にあそこで張っていたらしい。
    ジイサンは人様を田んぼに突き落としたということから娘夫婦や近所からこってり糸交られたらしいが、オバサンのことを心配する人は誰一人としていなかったという。

    409 :[キチママ戦記] 2014/08/07(木) 08:42:53 ID:3xfdiWwzR
    GWに我が家と旦那の友達A一家と初見Bさん、旦那友達Cさんと飲みに行くことになった
    Aと旦那だけが嫁同伴で後は独身なので『男同士で飲みなよ』と断っても一緒に行くことになった
    私と旦那、A、Bと4人で話していたんだけど仕事の話になってきた
    旦那、A、Bが「仕事なんて」と愚痴り出しBが「奥さんは好きな仕事ができていいね」と絡んできた
    私は旦那の会社で短時間経理、家では自分の仕事(開業済でこっちが本職経理は緊急に頼み込まれて仕方なく)
    をしていたのでビックリした
    持論になるかもしれないけど、息子達には「将来はできれば好きな仕事に。そうじゃなくても就いた仕事のことを好きになるように努力する。」と諭していた
    なので「俺も仕事嫌い」「俺も」と次々に言い出し旦那は私に「お前だって最初から好きな仕事についていたわけじゃないだろ」と絡んできた
    私は看護師かOLになりたかったけど、看護師は体力的に無理だと悟りOLになったから好きな仕事には変わりないと説明
    旦那が俺だってアイドルになりたかったけど無理だから辞めたと言い出したから「オーディション受けたの?」と聞いたらきょとんとされた
    旦那が嫁に責められている!友達として助けなきゃ!という空気になり、男3人で一斉に私に絡んできた
    「奥さんはイチローなんですよ。なんでもやればできるからって他人は違う」そうだ!そうだ!
    「お前なーみんながみんな好きな仕事できるわけじゃないだろ」そうだ!そうだ!
    いやだからやむを得なく嫌いな仕事についても好きになるように努力はしないの?と言っていたのですが馬耳東風
    もぉ「奥さんはおかしい!」そうだ!そうだ!フジコフジコで酔っ払いだし話にならない
    3対1って意外ときついのねと思い泣きそうになったが腕をつねって我慢
    場の空気を壊さないように先に帰ることにした
    途中でトイレに行った時はトイレ前でBさんが待っていたり、帰る時も旦那じゃなくBさんが見送ってくれたんだけど保険屋と聞いていたし最初に絡んだのはBなので警戒はしていた
    いったんきります


    274 :[キチママ戦記] 2009/07/03(金) 16:00:48 0
    ようやく溜飲が下がったんでカキコ。

    時計店に嫁入りした私。
    跡取りの旦那と超良ウトメ。
    糞なのはコトメ。自営業なのをどう勘違いしたか
    小さい頃から私は社長令嬢!と剛速球で勘違い街道を突き進み、
    どんなに諫めてもその性.格は治ることはなく、今まで幾度となく
    「うちのが迷惑かけてすいません」を家族にさせてきたアホ女。

    そんなアホに、ウトメが旦那と私との結婚を機にきっぱりと
    「もし新しい家族に頭下げさせるようなことしてみろ、その場で絶縁だ」
    と引導一歩手前の宣言をしてくれ、大激突劇の末改心した……かに見えた。らしい。
    まあそんなんで改心するならDQN街道突っ走ってないですよねー。

    そんな家業の旦那から婚約指輪の代わりにもらったのは腕時計。
    値は張っていないが、ウトさんの「おとっとき」を、トメさんから受け継ぎ、
    新品に替えた裏蓋に旦那が名前を彫金してくれた、思い入れの品。
    それを盗まれました。
    お風呂に入っている間に、外していたヤツをくすねたらしい(後日談)。
    半狂乱になって探す私。必タヒにフォローしてくれる旦那ウトメ。
    すわ警察か、いやその前に徹底的な家の掃除を……と言っていたら
    3日ぶりに帰ってきたコトメがぽんと投げつけてきた。
    「落としたら壊れた」そうで。
    へえ、落としただけでこうまでめちゃめちゃにガラスが砕けますか。
    ゼンマイが歪みますか。皮が引きちぎられますか。
    おかげさまでこちらの堪忍袋の緒もブチ切れです。
    復讐の決意でウトメさんと旦那に頭下げ、DQ返しの許可をゲット。

    7 :[キチママ戦記] 2014/09/18(木) 16:04:57 ID:ammudVe6v
    復讐だか仕返しの話を。

    高校の時に出来た初彼女。
    他校の一歳年上。もうルンルンで毎日が楽しかったんです。

    同じサッカー部の草食系に見えて女食い漁ってるAという奴がいました。

    部活中俺の携帯を使って彼女のメアドをGETして、彼女にいきなりメールをします。
    あろうことか彼女も意外にアホ女だった様でメールを普通に返してAとやりとりを。

    いつの間にかセ○レになってた2人。Aにネタバラシされる自分。
    彼女に別れを告げます当然です。

    彼女「待って!本気じゃなかったの!」
    せめて本気だったらまだ良かったものの、何でこんな人好きになっちまったんだ!
    とその日に情けなくて泣いた夜。

    もういいや、と吹っ切ろうとしたらAが部活の数人に俺が初彼女と浮かれてとった赤面行動を話しやがった。

    広まる広まる俺の赤面行動。
    我慢の限界でした。鉄拳くれてやるぜ!と思ったんですが暴力したら多分こっちが退部。

    仲良い友達と話し合っていくつか復讐できそうな物を試してみました。

    ①ちょうど自分が携帯を変えたので、メールアドレスを女子っぽくして間違いメールのフリしてAに送信。少し食いつくA。「良かったらお友達になりませんか?」
    適当な売れてない可愛いアイドルの画像送る。A食いつく。
    ブラックメールやりとり開始。

    ②メール上だと気持ち悪いA。
    そのやり取り、送られてきた写メをパスかけたブログに載せてドンドン更新。見れるのは自分と愉快な仲間達だけ。

    ③やけにノリがいい女子を演じていたし、Aもマッチング系と思っていた節もあると思う。こちらから「○月○日に会いたい。」とメールを送る。その日は部活の先輩が試合の日。

    354 :[キチママ戦記] 2014/04/15(火) 18:56:39 ID:8omJCWx7n
    大分前のことですが。フェイク入り。長文注意。
    婚約中に浮気した上に、何故かそのことを泣きながら告白してきたクソ男。

    「えーん寂しかったからぁー会えなかったからぁーセクキャバ行っちゃったー」
    「それでーそのセクキャバの子にー番号聞いてープライベートで会ってるーえーん」

    会えないのはお前がお酒一滴も飲めないのに「俺バーテンダーになる!」って昼職やめて夜働き始めたからだろうが。
    その転職のせいでちょっと婚約を悩み始めてたけど、浮気告白事件で完全に冷めた。でもその時はまだ復讐までは考えてなかった。問題はその後。
    別れ話をしようと自宅(当時実家住み)に呼び出すと、何故かビールとツマミを大量に持参。話を切り出すと、話し出す前にビールをプシュッ。とりあえず話さねば、と別れ話をする私。さっきも書いたけど、一滴も飲めない人なので曖昧に話を聞いた後、ふにゃふにゃと別れるの嫌ーでも仕方ないねーと言い、爆睡。
    その間、15分。飲んだビール500mlに対して5口。残された大量のビールと、私。呆然としていると、その後2時間以上眠りこけられた。
    大体車で自宅まで来てるのにビールを飲むなんて非常識すぎる。
    その後無理矢理起こし、アルコール検知器で測って大丈夫になってから車に押し込んで帰した。
    数日後、ロミオに進化した彼はメールや電話で散々すがってくれたが、全てお断りした。
    すると何故か逆ギレし出した彼は、付き合っていた時のデート代を請求してきた。確か十数万。
    (ちなみにデート代は毎回割り勘。遠出は殆どすることなかったので、どんな計算で出た数字かは謎)
    無視していたら、怖い友人呼んじゃうよ、と脅迫まがい。
    この時点で私もキレ、最終兵器を出すことにした。
    私の父と長兄。
    父は自衛官の高校行き、二佐まで行った現役バリバリの自衛官。小さいけどマッチョ。体力が50代で20代並の測定値。
    長兄は乗り物が好きすぎて、なんとかライセンス?よくわかんないけど、四輪のレーサーみたいなライセンスを取ったらしい。(レーサーではない)
    当時の愛車はランエボ7と1300くらいのバイク。顔は中田英寿をもっといかつくした感じ。
    私は長兄、次兄、私の3人兄妹で、遅く生まれた1人娘だったため、兄や父に溺愛されて育った。なので一連の事を泣きながら相談するどブチギレ。父に至っては職の事も考えずバットを持って走り出そうとするので家族で必タヒに止めた。
    父を復讐のメインにするとシャレにならん、と復讐の内容は長兄と話し合って決めた。

    まず、私が話がある、と元婚約者を呼び出す。待ち合わせ場所に颯爽とランエボで現れる私と長兄。ちょっとびびる元婚約者。
    静かなところで話したいし、兄も話を聞きたいって言ってるから、と車に乗り込んでもらい、自宅近くの小さな山へ。
    実はその山、うちの土地。小さいけど、山頂付近を更地にして、よくバイクや車でブイブイ遊んでる場所。
    うちの土地に入った瞬間、アクセルベタ踏み。グルグル回って砂埃をあげまくるランエボ。絶叫系が苦手な元婚約者、顔面蒼白。慣れている私は涼しい顔。ノッてきた長兄は笑いながら爆走。車内阿鼻叫喚。
    一通り長兄が楽しんだ後、自宅へ連行。
    グッタリした元婚約者が自宅へ入ると、仁王立ちの父。
    「君の言う怖い人は、今日はいないのかね?」
    帰り送ってくからさーwwwとバカにするように缶ビールを出す長兄。
    「いや、あの・・・」
    「君のやってること、脅迫だけど、分かってる?怖い人呼んで、娘ちゃんに何するつもりだったの?」
    感情を抑え淡々と攻め続ける父。
    ほら、飲めよwwwプシュッてしてwwプシュッwww飲めねえのにプシュッwww煽り続ける長兄
    なんやかんやで、黙りこくってどうにもならなくなった後、元婚約者の母親が呼ばれ(元婚約者父は鬼籍)、土下座とほんのちょっとだけ慰謝料もらって、ケリが付きました。
    父も長兄も甘い、と言ってましたが、逆恨みも怖いので、このぐらいでやめときました。
    特に長兄は、俺もっとやりたかったwwwていうか次兄出せば一発じゃんwwwwとヘラヘラ楽しんでましたが、次兄の友人達はガチで怖い人達(893とかではなく、元ギャングやらタトゥーだらけの見た目が怖い人達。中身真面目でいい人)なので、シャレにならんと、次兄には秘密にしてました。父の職に何か影響があっても嫌だしね。

    あれから5年、某SNSにて復縁要請?ロミオメール?なメッセージが届いたので、次は誰に相談するか悩み中。

    728 :[キチママ戦記] 2007/10/09(火) 18:03:27 0
    アポ無し訪問や孫コールイヤゲモノなどテンプレ通りのトメとウト。

    トメは専業主婦で1日家にいるのに何故か
    「忙しくてお夕飯が作れないの。今日作りにきてくれない?」
    と週1ペースで電話してくる。
    作れば作ったで味に文句しか言わないし断ると発狂する。

    今日もトメから電話が。夕飯を作れと言われたので
    タバスコ3本入りのビーフシチューを作ってきた。
    刻んだ唐辛子入りのポテトサラダも作った。

    そろそろ食べてる頃かな。

    196 :[キチママ戦記] 2003/03/28(金) 00:04:00 ID:le2wmtMh
    昔の会社の先輩の話。
    無計画で仕事の工程すらまともに立てられない
    上司の暴君ぶりにみんなが根を上げる寸前で先輩は
    ”みんなの許容量を見極めて工程をたててください”
    と会議で言った。するとその上司は
    ”僕も手が一杯だから大口叩くならお前がやれ”逆切れ&丸投げ。
    先輩はその場で言い返さず自分の膨大な仕事をこなしつつ
    20人分の仕事内容、納期を把握していた。
    その上、納期が遅れそうな奴の分を自分はもちろん
    少しでも余裕のある人を集め間に合わせ、相手先への
    フォローのTELまで完璧にやってのけた。

    459 :[キチママ戦記] 2008/02/09(土) 20:49:27 ID:FNwu+YJ50
    >>458
    似たような境遇の人で、復讐の為に離婚しなかったって人がいたなー。その人の夫も
    金持ちだがやっぱり病的な女好きで、次から次へと女を作った。でも「下手に離婚したら、
    あの腐れ外道の事だから、慰謝料は愚か養育費すらロクに払わないだろう。腐れ外道と、その
    女たちがノウノウと暮らし、私の子供が貧乏に喘ぐなんてガマンできない!」ってね。

    で、歳をとって旦那がヨイヨイになると、一番安い劣悪な老人病院に入院させて「タヒんだら
    連絡して下さい」タヒんだら「本人の意思だから」(実は嘘。墓を建てたり、その後に墓参りする
    のが嫌だったらしい)と、自然葬(名目で、海に捨てた)。遺言で愛人に遺産が残された
    らしいが、腕のたつ弁護士を雇ってビタ一文も渡さず、しかも遺言書自体を無効化したので
    法定相続となり、隠し子は自分の子供達の半分程度しか認められなかったってさ。
    「この日の為に、若い頃から健康に気を遣っていた。旦那には理解ある妻のフリをして、自堕落
    な生活を推奨させ、寿命を縮めさせていた」「たとえ紙キレ一枚の関係でも、法律は本妻の
    味方」と、ゆーていたなー。

    324 :[キチママ戦記] 2013/09/09(月) 08:23:03 ID:22wQycJK0
    中学生2年男子の時にクラスの3人組からいじめられていた時の話 
    正確にはいじめられていたのが攻勢側になっていた話 

    進級時に今までの友達がいないクラスになり、そいつらと掃除の班が同じだったからからかわれるようになった。
    暴力は掃除場所で殴られたり膝を入れられたりして、見えないところに痣ができるようになり持久走の時間にも付きまとわれて迷惑だった。
    仕返しをしてやりたかったが暴力は怖かったし、かといって奴らの家や家族にどうこうできる訳もなかった。

    そこで間をとって奴らの持ち物に嫌がらせをする分には筋が通るのではないか、と当時の自分は勝手に考えついた。
    とにかく奴らや周囲にバレることを恐れていたので、最初は奴らの体操着ズボンの名前タグを切り落としたり美術の時間に奴らの筆で絵の具を画用紙の上にベタ塗りしたりした。
    いったん行動を始めると度胸がついてきたのか常識のリミッターがはずれてきたのか自分でも大胆になっていった。
    ある日の放課後にさっさと帰るふりをして上階に隠れ、奴らがトイレに行った隙にA男(仮)のカバンを持ち出して部活動中の体育館の辺りに隠した。(自販機で買ったタバコを入れた)
    カバンは部活動連中には見つからなかったが、後日の体育の時間に発見されA男は先生に呼び出されていた。 

    その後はこちらが苛めをしていたようなもので、奴らのカバンからプリント類を抜き出して図書館に隠したり(後日他人に発見させることで目立たせて恥をかかせるのが目的)
    筆箱の中のペン類を着火マンで炙って無残な姿にしたり、A男の財布を隠してB男の机やロッカーに入れておく、ドライバーで奴らの持ち物のネジを外しておくなど。
    一番危険で達成感があったのは、夏休み中に昼間にもかかわらず体育館に赴いて影から奴らが所属してる部活動を監視し、奴らが外移動したタイミングで体育館内のバッグから
    弁当と財布を取り出して中身をリュックサックのなかにぶちまけたこと。(タバコも入れておいた。)

    アリバイのコツは粘ることだった。秋冬には暗くなる5時~6時まで校内の違う階に潜伏し、暗い教室までスニーキングして明かりをつけない状態で作業に勤しむ、そして次の日遅くに登校した。
    いま思うと頭おかしい。 もう少し有意義に過ごすんだった。

    このページのトップヘ