病院

    463 :[キチママ戦記] 2016/09/23(金) 23:36:50 ID:DRMDLPrx.net
    夫が失明していたこと
    元々病院嫌いでインフルエンザでも市販のかぜ薬で何とかしようとする人
    ある時、目薬を使っていたので「乾くの?痒いの?」と聞くと「何でもない」
    頻繁に使うようになったので眼科行った方がいい、と何度か言ったら
    隠れて目薬を使うようになった
    目薬自体も車に隠したりしていた
    痒そうにはしていなかったけど「変な感染症とかじゃないの?うつさないでよね!」と強めに言ったら
    「うつらない。何か見えづらいんだよね、というかほとんど見えなくなった」と言い出した
    びっくりして嫌がる夫を引っ張って病院に連れて行った
    検査したら網膜剥離で完全に失明しているとの事
    症状は半年前位から出ていたらしい
    目薬で誤魔化していたようだ
    医者からは「眼球が小さくなってきている
    近い将来、義眼になるから覚悟して」と宣告

    438 :[キチママ戦記] 2008/11/02(日) 00:20:49 ID:CWl0c1vr
    昔、家族と山奥にキャンプに行った時俺と上の兄貴二人の三人で海で
    遊んでいた。
    結構へんぴな所でキャンプする事になって、海には俺達兄弟三人しか
    いなかった。(親はキャンプ場所で夕飯の準備してた)
    すると突然二男が浮き輪にしがみ付いて、ぐったりしだしたので俺が近寄って
    「兄ちゃん大丈夫?」と顔を覗き込むと、何故か次男は鼻血を大量に出してた。
    俺がビックリして固まっていると、長男もそれに気づいたのか俺に向かって
    「おとんとおかん呼んで来い!!」とただならぬ表情で言った。
    俺が両親を連れて来て戻ってみると、次男は浜辺に仰向けに倒れててそれを
    長男が必タヒに人工呼吸してた。
    それでも血はまだドクドクと流れてて、次男の顔はどんどん蒼白、辺り一面
    血の海になっていた。
    俺は兄ちゃんがタヒんでしまうと思い、泣きながら海に向かってお経唱えた。
    両親もただ事ではないと思い、次男を抱えてすぐに近くの病院に搬送された。
    結果、命に別条はなかったものの、鼻血だけであれほどの血を流すのは珍しいらしい。
    その日は大事をとって一日入院。
    次男が退院した後はすぐに家に帰った。
    帰りの車の中でなぜ急に鼻血が出たのか聞いてむると、急に辺りが真っ暗に
    なってその後ガーンと頭の中で大音響が鳴ったらしい。
    その後に、鼻から血がダラダラと出てきたと言っていた。
    それを聞いた親父が、「もうすぐお彼岸だしな・・・。あと数日遅れて
    キャンプしてたら、お前ら全員連れて行かれたかもしれんな」と冗談まじりに
    話してたが、子供心に少しゾッとした。

    なぜ急にあれほどの血を流したのかが凄く不思議で、衝撃的だった。
    やっぱりお彼岸と関係してたのだろうか・・・?

    712 :[キチママ戦記] 2014/06/19(木) 21:13:30 ID:???
    小学生の頃の話。
    なんとなく学校行くのめんどくさい~休みたいってなる時があった。
    私は頭がタヒぬ程痛いから今日休むと母に仮病を使った。
    ちょくちょくこんな手を使ってたので母はまた仮病でしょ!行きなさい!と怒ってた。
    それでもグズグズ言う私に母はじゃあ休むなら病院だからね!と言われ、よっしゃ休めるううう!と喜びに震えた。
    そして母に宣言通り病院に連れてかれた。
    もしもなんともないって言われたら1ヶ月おやつ抜き、トイレ掃除だからね!と言われ泣いた。
    病院に着き診察室に入った。ハゲてるけど優しそうなおじさん先生だった。
    この病院はすごく丁寧に診てくれるってのでかなり有名な病院なので、母が頭がタヒぬ程痛いらしいです。と言うとじゃあ念の為レントゲン撮りましょうとなった。
    撮影が終わり待合室でポケモンの漫画を読んでいると血相を変えた看護師さんと先生が飛んできた。
    今すぐ救急車で大学病院に行きます!急いで!と言われ、わけもわからず私は担架に乗せられ救急車へ。
    母もポカンとしつつ救急車につめられた。
    結果から言うと脳にほぼ拳大の腫瘍があったらしい。
    手術してもらって私は無事だったんだけど、麻酔が切れて目が覚めたら母に土下座されたのには驚いたw
    仮病だと思って信じてなくてすまなかった。お前がこんなに辛い思いをしてたのに気付かないなんて親失格だ!って泣いて謝られた。
    私は今だにあの時頭痛いと言ったのが仮病だったと言えてない。

    264 :[キチママ戦記] 2014/11/11(火) 19:55:56 ID:WVRA3rbom
    20年経っても引きずってる、子供の頃の修羅場。

    893からも爪弾きにされるようなクズの継父に
    無理やり水商売をさせられてた母親が、私の目の前で刺された。
    理由は『男とイチャイチャしてたから』
    水商売だから当たり前じゃん・・・と、子供でもわかる因果なのに
    覚せ◯剤とアル中で脳みそが海綿体になってた継父には青天の霹靂だったらしい。

    昔取った杵柄というか、人を刺し慣れているらしい継父は
    肋骨の下から突き上げるように母を刺し、包丁を抜くと床に投げ捨てて
    呻く母を罵りながら、殴る蹴るの暴行を加えた。
    私は身を挺して母を守り、継父を威嚇して追い出す事に成功。
    「警察も救急車も呼ぶな」という母に肩を貸して、徒歩で近くの病院に連れて行った。

    なんとか一命は取り留めた母だったが、片肺が二分の一になってしまった。
    入院費も無いので無理やり退院させられ、逃げる気力も無くした母はその後も水商売を続けた。
    継父は日を追う毎に脳がグズグズになって、現実と妄想の区別がつかなくなったようで
    一年も経たず、また包丁を持ち出して母を刺そうとした。
    幸い、刺される前に事に気づけた私は、母を守りたい一身で立ち塞がった。
    さすがに子供は刺せなかったのか、火のついた煙草やライターを投げつけた後にどこかへ逃げた。

    呆然としながら母と抱き合い、そのまま、店にあるお金と衣類を持って母と二人で夜逃げした。
    とはいえ何も無いので、私は伯父の家(三重)に預けられ、母は祖母の家(宮崎)に身を寄せた。
    夜逃げして二週間、継父は生活苦であっさり自杀殳。無縁仏として処理して貰った。
    もう、逃げなくていいんだという開放感で、特に問題無く過ごしたと思う。

    その後、母は迎えに来てくれたが、三日ほど一緒にいただけで
    新しい恋人の仕事に付き添うと言う理由で、母は一人で東京へ行ってしまった。
    知らない土地で、私は一人ぼっちになった。
    ある日、風邪を引いて4日熱が下がらず、助けを求める為に母に電話しようとしたら、電話が止まっていた。
    這うように電話ボックスへ行き、母の携帯に電話をしても「ごめんね。帰れない」ばかり。
    あまりにも酷い仕打ちに泣きながら暴言を吐いたら、母は悲しげな声で
    「子供とは一生一緒にいる訳じゃない。私には私の人生がある」と言われ、一方的に電話を切られた。

    それから先は覚えてない。ノイローゼになったのは確かだけど。
    結局、私は誰の為に母を守ったんだろうか。あの人は、あの時、タヒんどくべきだったのか。
    未だに色々考えては、答えも出せずに、発狂するのを堪えてる。

    528 :[キチママ戦記] 2015/09/16(水) 23:59:09 ID:+Vo9nNhI0.net
    五年前一緒に働いていた友人の話

    当時かなり大きな病院の厨房で働いていたんだが、早番(といっても夜中3時くらいの出勤だった)の為
    一人で厨房にいた。その友人はまだ早い時間だから一服しようと喫煙所に行こうとした。
    その当時厨房は地下にあり右隣に霊安室。正面に売店があり、真上の一階には救急病棟があった。
    友人はコーヒーでも買おうと売店の横に設置してある販売機に向かった。
    すると真後ろから「ねぇねぇ」と、か細い声が聞こえてきた。夜中3時だし人なんているはずない…
    そう思い恐る恐る振り向いたんだ。
    するとそこに二十代位の女の子が立っていた。立っていたんだが…見るからに異常だった。
    頭が陥没し服はボロボロ。血まみれだった。
    友人はその場に腰を抜かしてしまった。   

    このページのトップヘ