紳士

    550 :[キチママ戦記] 2010/11/15(月) 00:58:33 ID:InscBUgs
    武勇伝ではないけど。
    夜、箱根そばで、酔っ払い?がテーブルに突っ伏して寝てた。
    椅子席が少なく、立ち食いの客もいるので、俺も含めてみな邪魔だなぁ!と思ってた。
    店員も何も言わない。
    佐藤浩市風の出来るサラリーマン風の50才くらいの紳士が、寝てるオヤジに、
    「お父さん!起きなよ!」と肩を叩いて、爽やかに大きめの声で起こした。
    「うあ?」と起きたオヤジも、紳士に爽やかに笑顔で起こされたのでか、
    素直に起きて出て行った。

    出来る渋いリーマンオヤジが、夜、さくっとソバ食いに来て、
    爽やかに寝てるオヤジを起こして、さくっとて出て行った。みんなGJ!と思っただろう。

    俺もあんな紳士になりたい。

    703 :[キチママ戦記] 2013/11/24(日) 12:47:53 ID:yV85c/Nb0
    自他共に認める見た目も中身も普通の主婦だけど
    初対面の名前も知らない男と寝た事

    買い物に出かけた場所で信号待ちしてたら
    隣に居た見ず知らずの男性.に手を握られてびっくりしてると
    ニコニコしながら私の顔を覗き込んでて
    見た目は紳士で身形もちゃんとしてるけど池沼かなと
    恐怖で身動きとれなかった
    「何方かとお間違えではありませんか」と言うと
    ううん、ずっと君に会いたかった、と答える
    行こう、と手を引かれてホテルに行き
    フロントで手続きしてる彼の氏名をここで初めて知った
    部屋に入るなり、愛し合う恋人のごとく事に及び 
    終わると何故か瓶入りエビアンを飲ませてくれて
    私が落ち着くとまた事に及ぶ、を二度繰り返し
    一緒にシャワーを浴びて、体も髪も洗って貰った
    いつの間にか拒絶する気持ちは一切湧かず、ずっと逢えなかった恋人 
    みたいな、不思議な感情を持っていた
    来週の同じ時間にあの場所で君を待ってるよ
    と言われて次の週に行くと本当に居た
    二回目に会って別れ際にイヤリングの入った小箱を渡され
    次に会う日時と場所を言われた
    だけど、どうしても都合がつかなくて行けなかった
    イヤリングが高級品で返したかったんだけど

    で、昨日イヤリング処分しようと出したら
    ケースの底の裏に電話番号らしき数字が
    もう何年も経ってるんで生きてる番号とは思えないし
    でも、気になる修羅場

    このページのトップヘ