美人

    13 :[キチママ戦記] 2014/05/11(日) 04:12:07 .net
    私には地味な女性.が合うっていうか、そう言う女性.しか相手にしてもらえないと思っていた。
    眼鏡の、黒髪ひっつめの、肌の露/出どころかブラウスまでほとんど隠れている服装の後輩同僚がいて、そういうのが好みだったので、意を決してデートに誘った。
    車で自宅前に迎えに行って、出て来たのが日頃の姿とは全然違う姿で、モデルのようなスタイルの女性.だった。

    その日のデートは何とかこなしたが、帰り際に「とても失礼なことにこんなに美しいとは思っていなかった。私には不釣り合いだと思う。」と言ってしまった。
    翌日、また地味な格好に戻った彼女が、「もう一度デートをしてください」と言ったから、思い出作りのつもりでデートをした。
    その時の服装は、完璧に地味だった。とても落ち着いた。

    そのまま何度かデートをして、ある日、私の母と姉と妹に引き合わせた。
    母は「お前に似合った落ち着いた女性.だね。良いお付き合いができるようにがんばり。」と私に言った。
    姉と妹は「母さん、どこ見てるの?あの人、超美人だよ。わざわざ地味な格好をしてるってことは、本命扱いじゃないんかもよ。ギャハハ。」と好き放題言っていた。

    妻(そのまま結婚した)は、本当にモテて、絶えず告白されたり、ス㋣ーカーやら勘違い野郎に勝手に付き合っていると広言されたりとか、日常の姿を盗撮されてコレクションされていたりとか、で困っていたので超地味な姿をしていたらしい。
    地味な格好をすると男が近づいてこないのだが、私はその姿に惚れたので、嫁は逆に嬉しかったらしい。

    超モテた妻は、私も同じようにモテるものだと勘違いしていて、「絶対に浮気をしないでね」と言ってくるし、私の浮気を防ぐためか本気で私に尽くしてくれる。
    済まないが、モテるような男ではないのだよ。
    結婚15年で、中学生の子供もいるが、相変わらず妻は美しい。
    私の母も、こんな妻に逃げられては一大事なので、ものすごく妻を大切にしているし、その反映で妻も私の母を大切にしてくれる。

    早く目覚めてしまったついでに思い切り惚気たかっただけだけど。スマン。

    473 :[キチママ戦記] 2009/05/09(土) 11:44:19
    私の人生はどうなるのよぉ!

    これが元妻の最後のセリフだったとさwww

    929 :[キチママ戦記] 2015/09/24(木) 00:03:58 0.net
    義兄嫁さんが美人すぎてつらい。
    私は女芸人のたかまつななを太らせて歯並びを悪くしたような風貌なので、顔合わせの時から気後れしていたけど、義兄嫁さんは気さくで優しくてすごくいい人だった。
    義兄嫁さんは服装もおしゃれで、ファッションに興味のない私でも見とれることがよくあった。

    そんな義兄嫁さんが、私たち夫婦の結婚式には黒留袖できてくれた。
    義妹嫁さんなら長身スレンダーを生かしたゲスト用ドレスか、着物でももっと華やかなのを着るだろうと思っていた。
    義兄嫁さんはきっちりしてるんだなと思っていたら、義兄嫁さんが着付けとヘアセットの時に「できるだけ地味に仕上げてください」とオーダーしていたことが分かった。
    式場のホテル内の美容室で、他の親戚や私の友人もたくさんそこでヘアメイクしてもらったから、誰かが義兄嫁さんの「地味に」発言を聞いてたみたい。

    義兄嫁さんも私たちの容姿の差に気付いていたんだな、ずっと憐れまれていたんだな、と悲しかったり悔しかったりで、結婚式そのものを思い出したくなくなってしまった。

    義兄嫁さんは地味に仕上げてもらってもやっぱりすごく目立ってて、親族写真でもブサでスタイルも悪い私よりずっと輝いてるし、列席者の多くから「義兄嫁さんはすごく美人、芸能人みたい」と聞かされた。

    何を着ても目立つなら、いっそ花嫁の私に対抗して白いドレスでも着て顰蹙を買ってほしかった。
    今後一生付き合っていかなければならないと思うとすごく憂鬱。
    もう義兄嫁さんと会わなければならない時は、目出し帽でもかぶって行きたい。

    853 :[キチママ戦記] 2016/09/07(水) 05:46:01 .net
    変な時間に起きてしまったので書いてみた。

    社内で新入社員だった嫁をス㋣ーカーから助けたのがきっかけ。
    嫁はまぁ美人新入社員というやつで、入社したときから若手からオッサンまで噂を聞きつけ会いにくる社員が多かったらしい。
    嫁の部署は別ビルにあったにも関わらず、わざわざ用事を作って会いに行ってたそうだ。
    (当時嫁は仕事ぶりをチェックされ成績付けされてるかとビビってたらしい)
    だが嫁には入社前から付き合ってる彼氏がいたそうで、早々に皆撃沈。
    噂でしか知らなかった俺も密かに撃沈。

    しかし、嫁の係には俺が仲良くしてた先輩Tがいたので会う機会ごとに
    「今日嫁ちゃんと社用車でドライブだったわw」
    「嫁ちゃん今日メガネだったけど似合うわー」
    などと自慢されて、嫁のことをちゃんと会ったこともないのに意識していた。

    ある日、帰りにある百貨店で嫁を見かけた。
    椅子に座ってたんだが、よく見ると泣いている。
    思いきって「あの、○○課の嫁山さんだよね?」
    と声をかけてみると、案の定怪訝な顔。
    慌てて「××課の俺崎です。突然ごめん。顔知ってたもんだから。大丈夫?」と自己紹介すると
    「帰れないんです」と泣きながら話し始めた。
    ・昨日、帰宅する電車の中で会社の人を見かけた。
    ・声をかけようとすると、慌てて顔を背けられた。
    ・都合が悪かったのかな、と思い放置したら遠くからちらちら見てくる。
    ・自分と同じ駅で降りたが、その後も後を付いてくる。
    ・帰るまでいろいろ寄り道したが、どの店にも全部付いてくる。
    ・怖くなって走って撒いたのでその日はなんともなかった。
    ・翌日、何事もなかったかのように接してくるので昨日のことを聞けず
    ・なのに今日もまた同じ電車に乗っている
    ・その人、会社近くで徒歩で通ってるのに何故?
    ・怖くなって途中下車、百貨店に駆け込む←今ここ

    103 :[キチママ戦記] 2013/09/05(木) 18:27:31 ID:aLk8+b7G0
    旦那にJR沿線のプリのマンション教えてもらったから見に行ったけど
    正直ガッカリ女だった。
    旦那が私の方がスタイルいいし美人だし性.格もいいと言う。プリは私のようにあまり笑わない人だと。
    性.格はともかく外見は旦那の言うとおりだろう。
    ちゃんと相手しないと浮気ってするんだなあと。
    今は再構築うまくいって仲良し。

    このページのトップヘ