DNA鑑定

    20 :[キチママ戦記] 2019/03/14(木) 18:03:25 ID:Mj8
    復讐のとばっちりを受けたから復讐しかえした話

    元実家は両親と3歳上の兄貴の4人家族
    家族全員仲が良く、まさに理想的な家族だったんだけど俺が中二の時に事件が起きた。

    母親が過去に浮気をしていたことが発覚。
    相手はおそらく母の学生時代の元彼。おそらくと書いたのはいくら探しても連絡先がつかめなかったから。(今でも不明)。

    何故浮気が発覚したのかは最後まで教えてくれなかったけど、とにかく両親が離婚することになった。

    んで子供たちはどうするってなった時に父が「DNA鑑定をする」と言い出した。
    結果は兄貴は両親の子で俺は父の遺伝子を受け継いでいなかった。

    兄貴を産んでしばらくたったあとの同窓会がきっかけだったんだと。
    憶測だけど父親は兄貴は自分の子だけど俺は違うってなんとなく気づいてたっぽい。

    家を出る時、俺の物は必要最低限のもの以外すべて捨てられていた。

    漫画もゲームも服も小学校のアルバムも空手で優勝した時のトロフィーもすべてなくなっていた。

    母はしきりに俺に謝ってたが当時はショックが大きすぎて全く耳に入ってこなかった。

    離婚後は母はもちろん俺も父や兄貴と一切会うことはなかった。

    一連の騒動で母は母実家をはじめ親戚全員から疎遠にされてたし父に対しての慰謝料もあったみたいだしさらには父がいろんなところに吹きまわってくれたせいで生活はとても苦しかったが、不思議とあまり母に対して憎みはそこまでなかった。
    憎みとか怒りとかよりも生きていくのに精いっぱいだったしなんとか俺を高校卒業まで世話してくれたし。
    社会に出てからは1人暮らしを始め、毎日馬車馬のように働いた。

    627 :[キチママ戦記] 2019/11/20(水) 20:37:04 ID:Jt.g9.L1
    夫が急に子供とのDNA鑑定をしたいと言い出した。
    浮気とか一切してないからやりたければやれば?ってなもんだけど、不快なもんだねぇ……
    子供は顔はもちろん身体的特徴も夫似だし、誰が見ても確実に親子だと思う程度には似てるし、義両親も夫にソックリ!って喜んでるくらいだし、なんでそんなにしたいもんかわからん。理由を聞いても頑なに言わないし……
    鑑定自体はどーぞどーぞなんだけど、疑われたのが本気で腹立たしいのでなんか報復してやりたい……
    趣味ゲームでブランド物も旅行も興味無いし、欲しいソフトはあらかた持ってるし……
    物以外の報復が思いつかない自分のオツムも腹立たしい……

    89 :[キチママ戦記] 2019/04/28(日) 11:45:53 ID:I64k44060.net
    みなさまこんにちは。血液型っていう厄介なやつのせいでいろいろ修羅場ってます。

    ・相談者の年齢職業 30代後半
    ・嫁の年齢職業  30代後半
    ・婚姻期間  10年↑
    ・子供の人数、年齢  2人。長女、次女
    ・わかってるなら間男の年齢職業  不明
    ・過去の不倫の有無(夫婦共に)  夫:なし 嫁:ないと思ってた
    ・現時点で決別か再構築か方針は決まってるか  決まってない。
    ・その他、経緯と状況説明
    けがをしたんですよ。命の危険とかは全くないけど手術が必要なくらいの。
    で、必須ということで、病院で血液型を検査したらそれまで自分で認識してたのと
    血液型が違うことが判明しまして。最初間違いかと思ったんだけど、見せられた検査結果に
    確かにそれっぽい結果が書いてある。抗A抗体(青)とか表記してあって、まず間違いないっぽい。
    いろいろ?だったけど、とりあえずそこは棚にあげて、術後の処置とかに追われてたある日。
    母親に検査結果について聞いてみたところ、一瞬ギョっとしてすぐに諦めモードな感じに。

    617 :[キチママ戦記] 2013/01/04(金) 11:33:22 0
    子供が全然自分に似ていない、さりとて嫁にも似ていない
    ということで隠れてDNA鑑定したら親子の可能性.は限りなく低いと
    結果が出た
    激怒して妻をなじり離婚準備を進めた
    俺親も嫁を詰ってひどい修羅場だった
    嫁は一貫して浮気していない、何かの間違いだと言っていたが
    弁護士に任せて妻との直接の話し合いはしなかった

    しばらくして弁護士がおかしなことになったと言ってきた
    妻は妻側で子供のDNA鑑定をしたらしいが
    妻とも鑑定結果が一致しなかった
    つまり子供は俺の子供でないのと同時に、妻の子でもなかったわけだ
    でも妻が出産したのは間違いない事実で、じゃあこの子は誰だ
    そしてうちの子はどこにって事になった

    179 :[キチママ戦記] 2009/09/09(水) 17:52:58 ID:SguDjamPO
    別れた旦那との間に五歳の子供がいるが実は彼の子供じゃないこと

    当時三十路過ぎで結婚を焦ってた私は数名と付き合って妊娠してそのうちの一人と出来婚に持ち込んだ

    一緒に済んでたから、疑わなかったみたい(苦笑)
    でもばれそうになった時があってアレは焦った。
    色々あって私から離婚を切り出したんだけど、慰謝料と養育費では最後まで才柔めた

    1 :[キチママ戦記] 2016/05/29(日) 23:32:16 ID:Qda
    スレチとのことでこちらに誘導してもらいました。


    ちなみにスペック。
    27歳♀ 専業主婦
    夫 32歳 有名な企業の営業マン。
    知り合いの紹介で付き合い、結婚3年目


    先月子供が生まれたんだよ。
    そりゃもうめちゃくちゃ可愛い女の子でさ。
    名前はお互いキラキラはやめておこうと話していたのでよくあると言えば失礼だが
    古風な名前。

    でもね、血液型が二人の間からは生まれない血液型だったんだよ。

    227 :[キチママ戦記] 2019/12/16(月) 15:26:32 ID:c869RKVV0.net
    子供一人いてDNA鑑定してるんだよね、ウチ。
    屑夫が俺の子ならDNA鑑定されても不都合はないはず、病気を事前に~とか言ってて。
    正直、疑われてる感じで不快だったけど私やましいことないからDNA鑑定したのよ。

    そしたら、まさかの屑夫の不倫が発覚した。
    なにこいつ。
    本気で驚いた。
    自分の股が緩いから私も疑ってるってことか。

    506 :[キチママ戦記] 2014/10/03(金) 14:54:27 ID:e8PQlt+Q0.net
    2歳になる娘がいるんだけど、この子の妊娠中に夫が少々おかしかった。
    ある日突然「生まれたらDNA鑑定をしたい」と言い出した。
    その頃待望の妊娠で頭がお花畑だった自分は
    深く考えずに「いいよー、どうぞ」と返事をした。
    すると夫は「その結果俺の子供じゃなかったらどうする?」と。
    またもや頭がお花畑だった自分はその意図を汲まずに
    「夫君の子じゃないなら私の子でもないから取り違えじゃない!
    すぐに産院に連絡して子供を返してもらうよ」
    と答えた。
    すると夫はその返答が意外だったようで
    「ああ・・・うん・・・そう・・・だよね・・・」
    とかなんとかしどろもどろな返答をしていた。
    その時の様子が変だったな、と記憶に残っていたのだが
    最近になってはた、と気づいてしまった。
    私が不貞の子を身ごもっていると疑っていたのでは?
    でもそんな可能性.は0にも等しいことは夫も知っているはずなのに、一体どうしちゃったんだろう?
    男性.にもマタニティーブルーってあるのだろうか。

    215 :[キチママ戦記] 2013/09/19(木) 15:01:54 0
    すごく昔の話で、当時まだ若かったため常識知らずだった。
    旦那と結婚1年目、めでたく妊娠。
    妊娠8ヶ月目くらいでトメから、
    本当に息子ちゃんの子かわからないから
    子供が生まれたらDNA鑑定きちんとしなさいよ!
    と、とんでもない事を言われたのだが、
    当時サスペンスやら、ミステリーやらが大好きだった自分は
    実際のDNA鑑定が体験できる!!と、はっちゃけて
    (よく考えたら旦那と子供がやるので自分は無関係)
    「わー、DNA鑑定って確か50万位するんですよね!
     トメさんやれって事はもちろんお金だしてくれるんですよね!
     ありがとうございます!あ、鑑定書もできればもらえれば嬉しいな!
     よくサスペンスとかででてくる鑑定書って本物そっくりなのか
     見比べてみたかったんですよねー!」
    と目を輝かせて言ったら、
    トメポカーンとした後、悔しそうな顔で帰っていった。
    そこで、ああ、嫌がらせだったのかと初めて察した自分がアホ過ぎるorz



    とりあえず、~やれ=お金を出してくれる(キャハ)と脳内変換した
    当時のお花畑思考がDQNだったな…と自分的に黒歴史orz
    ちなみにDNA鑑定が50万っていうのも根拠ないです。

    このページのトップヘ