ウト

    190 :[キチママ戦記] 2007/11/03(土) 12:57:48 0
    話豚斬りで投下
    やっと落ち着いたので私の経験を。
    私が切れたんじゃないんですけど。

    私は母子家庭で育ちちょっと貧乏でした。(今から思うと単なる節約かも。父の保険金は結構あったはずだから)
    もともと駆け落ちのような感じで結婚したらしくずいぶん苦労したようです。

    旦那はそういう事情も全部知っていて全部認めてくれてました。
    でもウトメは旧家の生まれで自分の家系が自慢な人だったので、最初から結婚も反対で私との子供を作るのにも反対でした。
    日ごろから私と私の母を見下し馬鹿にし人間の扱いをしてくれませんんでした。
    旦那はそんなウトメを諌めたり怒ったりいろいろしてくれてはいましたが、結局は場当たりの対応に過ぎず何も変わらない日々でした。

    そんな感じで義実家との敷地内別居での生活が一年たち。
    昨日のウトの大叔父の葬儀の席でのこと。
    いつものように親族席に席はなく一般来賓席の片隅に座る私の母。(私はもともと奴隷のように働かされているので席なんてありません)
    いつもはそれを諌めてくれる旦那も忙しく立ち働きまったく気づかない様子。
    旦那は一応本家筋の跡取りのようなので。

    ここからは式に出席していた私に同情的な人から聞いたことです。
    私は式に出席なんてさせてもらえないので、裏で働かされてました。

    お坊さんが入場し式が始まろうとしたときのこと。
    旦那が私と私の母が親族席にいないことに気づいたようでお坊さんの元に行って式の開始を延ばさせたようです。
    ウトメと一族の長老の前に仁王立ちして怒鳴り散らしたようです。
    旦那「俺の嫁子とお母さんが親族席にいないのはどういうことだ!嫁子に至ってはこの場にすらいないじゃないか!」
    ウト「親族じゃないんだから当たり前だろう。」
    トメ「あの薄汚いのなら裏で働かせてるわよ。会場に入れることすら嫌なのに感謝してほしいわ。」
    旦那「ふざけるな!俺が選んだ嫁とそのお母さんだぞ!俺の家族だ!親族に決まってるだろうが!」
    ウト「ふざけてるのはお前だ。あんな貧乏人、うちには何の関わりもない。」

    続きます

    149 :[キチママ戦記] 2010/01/27(水) 11:40:12 0
    出産後、初めて義実家に帰省した時のこと。

    なぜか介護の話になり、ウトが
    「介護が必要になったら、嫁子に来てもらわないとなぁ~。」とニヤニヤ。
    トメも「お父さん、そんなこと言ったらだめよぉ~。
    まあでもねぇ…。やっぱりそんなことになったらねぇ~。」とニヤニヤ。
    肝心の旦那・コトメはご飯を食べるのに夢中。

    あまりのずうずうしさにむかついたので、
    「私の友人が言ってたんですけど、今の時代はPPKなんですって!知ってました?」
    ウトメそろって「ピーピーケーって何?」と聞いてきたので、
    「知らないんですか?ピン(P)ピン(P)コ□リ(K)ですよぉ~!
    下手に長生きすると、子どもにまで迷惑かけちゃいますからねぇ~。
    やっぱりコロっとタヒぬのが一番ですね!ね、○○(旦那)!
    まあこんなに立派な息子さんと娘さんがいるんですら、私の出る幕はないですね!」
    と、思いっきり笑顔で旦那の肩をひっぱたいてやった。
    ウトメは「まあ、そうだね…。」と微妙な顔をしてた。

    後で、ウトメのいないところで旦那を〆、
    同居・介護は絶対にしないと宣言した。

    511 :[キチママ戦記] 2010/01/31(日) 20:12:40 0
    DQかな~とちょっと微妙だけど書いてみる。

    同居トメはたっぷり買い込んでは腐らせ、切れたウトがまとめて捨てるって感じの人。
    ウト亡き後、私たち夫婦が同居になったんだけど、
    嫁に食材を使われるのもイヤ、でも嫁に捨てられるのはもっとイヤなだそうで、
    どんどん冷蔵庫がとんでもない事になって行った。
    私は普通程度に冷蔵庫を整頓するタイプなので、それに慣れていた夫がブチ切れ。
    トメは渋々ながらも整頓をするようになって行った。

    それと並行してトメに腐った物を食べさせられそうになる。
    前もって「コレ痛んでるからあんたお食べ」と言ってくる時もあれば
    何も言わずに出してくる時もある。
    冷蔵庫を腐海にするのは得意なのに、痛んだ物は絶対食べないので
    私一人にだけ出して自分は進められても食べないのでバレバレ。
    私も小娘じゃないので、スルーしてる。

    ある日、お昼ご飯にお漬物を出した。
    それをトメに「コレ凄く美味しいんですよ」と執拗にすすめ、
    幾ら薦められても「トメさんに食べてもらおうと思ったんで」と私は口にしなかった。
    これは前置きナシの腐った物を食べさせようとするトメの常とう手段。
    トメ、真っ赤な顔でこっちを睨んできたけど無視。

    夕飯、トメが残した漬物を出して「お漬物どうぞ」と言ったら
    「ちょっと!!あんたっ!こんな物食わせようっての!」と切れた。
    そして夫に「食べちゃだめ!腐ってる!」と漬物に箸を叩きつけた。

    267 :[キチママ戦記] 2012/09/29(土) 08:58:43 O
    良ウトさんの修羅場。
    私は三兄弟の末っ子の夫と結婚して義実家と同居。
    結婚して半年程経った頃、夜中に夫がウトさんに呼ばれた。居間で何やら話し合いをしているらしい。

    部屋に戻ってきた夫に何の話だったの?と聞くと

    「兄貴が事故起こしたらしい。相手側の治療費やら慰謝料やらを親父が肩代わりして支払うみたい。」と複雑な顔。

    しばらく生活が苦しくなるかもしれないとのことで、私達夫婦も同居してる以上何か出来る事があればお義父さんお義母さんの力になろうと話し合ってその日は就寝。

    685 :[キチママ戦記] 2004/05/25(火) 11:28:00
    ほーんのプチですけどいいですか?

    結婚前から、旦那タンには
    「結婚とは…云々」とここで挙げられているようなことを叩き込んでいました。
    うちのママンがウトメ・コウトメで泣かされてきたのを見てるのでね。
    そして、結婚後、旦那タンの実家で

    ウト 「娘が出来た。」
    トメ 「これからはこっちが実家よ。」
    コトメ(未婚) 「お父さんとお母さんの老後はよろしくね」

    などなど香ばしいセリフが次々と。
    いい人なのかいやな人なのか、まだ掴んでいなかったので返事に困っていたら、

    旦那タン「俺の奥さんで娘じゃないよ、戸籍は別だよ。」
    旦那タン「嫁子の実家は●●だよ。」
    旦那タン「嫁子には嫁子の親の世話があるからね。俺とお前で世話すりゃいいじゃん。」

    とステキな発言をしてくれました。
    「そんな訳にはいかん!」とか「結婚とはそういうものだ!」とか言われましたが、

    旦那タン「お袋や親父の時代はそうだったよね。でも、時代が変わったんだ。
          俺は、独立して嫁子と新しい家庭を持ったんだよ。静かに応援しててくれればいいから。」

    出産時、「陣痛が始まったら行くから!」ってウトメは言ってましたが、
    「子どもの誕生は、家族だけで迎えてあげたいんだ。生まれたら連絡するから、来なくていいよ。」と。
    産後、何かと「手伝いに行くわ~」と言っていたトメですが、
    「手伝うこととか何もないよ。だから来なくていいよ。」と。
    この人に出会えて良かったです・゚・(ノД`)・゚・


    80 :[キチママ戦記] 2010/08/19(木) 11:06:47 0
    先日、車で15分の距離の義実家へ行ってきた。
    午後の2~3時間だけお邪魔して帰る予定だったが、
    「せっかく息子ちゃんのために美味しい物を沢山買ってきたんだから~」
    とトメに粘られ、夕飯を食べて帰ることになった。
    沢山の惣菜と3~4人分の寿司があったが、トメは寿司が嫌いだからと、
    ご飯をついで食卓に運ぼうとした瞬間、茶碗ごと床に落としてしまった。
    (あ~あ)と皆が注目する中、なんと、拾った白ご飯を茶碗に戻し、
    上の方(床に着いた面)を指でつまんで流しに捨て、その茶碗を黙って
    私の前に置いた。
    皆目が点になったが、トメはバレてないと思っているのか、知らん振り
    してご飯をつごうと炊飯器を開けたところでウトさんが大激怒。
    お前は何をしているんだぁ!って(夫も立ち上がりかけたが、ウトさん
    の激怒に驚いて固まった)
    トメは、何が?何が?ってとぼけようとしてたけど、顔は真っ赤でバレバレ。
    トメが拗ねて部屋に籠もってしまったので、そのままお暇した。

    実は、以前からトメにチクチク嫌味言われてて、GWの義実家詣後に、
    夫には訴えていたんだよね。
    夫は「解った。母には言っておく」とか言ってたけど、これはよくある
    嫁姑間の意見の食い違いだろう、くらいに思っていたらしい。
    さすがに今回の件でトメの陰湿さを解ってくれた。

    152 :[キチママ戦記] 2011/02/19(土) 11:45:39 O
    豚切りごめん。今あった話。
    小梨兼業の私たち夫婦、ウトメも働いている。今日は皆の休みがかぶったので、義実家に顔を出しに行った。
    訪問してから一時間、トメは近所のスーパーに買い物に、旦那は職場から電話で呼び出されすぐ戻るらしいが出て行った。
    私とウトが初めて二人きりの状態。私が手がよごれたので手を洗っていたら
    「嫁子(急に呼び捨て)…ハアハア」と、後ろからガバっと胸を掴み才柔まれて首にキス
    一瞬わけがわからずひるんだら、押し倒されてスカートに手を入れ、服もまくりあげられた。
    しかもこっちに来る前からチャックをあけて一物を出していたみたいであたる。
    我に返った私は洗面台横の隙間に置いてあったホイホイに手を伸ばしウトの顔にべたん!と張り付け
    まだ二つ置いてあったので頭と一物に貼付けて逃げて来た。
    鞄を取りに行く間に洗面台の方から「俺の髪の毛~~」と泣き叫ぶ声がしてた。
    とりあえず今から銭湯に行ってくる。

    475 :[キチママ戦記] 2011/10/03(月) 12:17:23 0
    数年前の話・・。

    口癖は「こりゃママ(私)が悪いなあ~」だったウト。
    子供がウンチして泣いたら言う。
    乳児湿疹できたら言う。
    お〇ぱい欲しがって泣いたら言う。
    クシャミしたら言う。
    歯磨き嫌がって泣いたら言う。
    寝グズリしたら言う。
    夜泣きしたら言う。
    後追いで泣いたら言う。
    危ないものをどかされて泣いたら言う。
    「ママのせいだなあ」「ママが悪いなあ」を1日20回くらい言われてたと思う。
    どんなにやめて下さいって言っても神経質扱いされただけだった。

    初めての子でいっぱいいっぱいだったから、一時期本当にノイローゼになりかけたよ。
    夫は当時激務部署にいていつでも過労状態でピリピリしていて、何を言ってもスルーされた。
    幸い実家が近いので、ちょくちょく実母や妹に愚痴吐いてやりすごせてた。

    あるとき、自分の育児日記を読み返してみたら、ウトへの愚痴でノイローゼ状態で笑った。
    毎日毎日、言われたことが羅列してあって、どうしたらやめてくれるだろう・・とか本気で悩んでた。
    なんだこりゃ私マジでちょっと病んでたんじゃんwって思った。

    ふと思いついて、日記を再び「対ウト欝日記」仕様に。
    しばらく続けて、日記を夫の机に置いて一晩失踪してみた。
    実は「お子様とご一緒に豪遊プラン」みたいなのに行っただけなんだけど、効果はテキメンだった。
    近所に住む義姉宅や私実家(・・は真相を実は知ってたが・・)を巻き込んで近所を大捜索したそうだ。
    翌日、遊びすぎて疲れて帰ってきた私を見てみんなが「こんなにやつれて・・」と言った。
    特に夫は「つらい思いをさせてすまなかった」と号泣しながらマジで土下座してきてびびった。
    ウトは「会わせる顔がないから」とそのまま別居。以来マジで顔見てない。
    一時期は病んでたのもやつれきってたのも本当だったけど、誰も相手にしなかったのにね。
    墓場まで持ってく、私のDQN返しです。

    351 :[キチママ戦記] 2008/08/21(木) 02:00:22 0
    ちょっと前に書いてあった、DVとプロレス奥さんの話で思い出した。
    私の旦那も、DV体質でした。
    結婚してから判ったんですが、どうも小さい頃にウトから暴力を振るわれてたそうで。
    そう言えば、結婚前の挨拶から、ウトは「女は男の意見で右向いたり左向いたり従うものだ!」と香ばしい発言があったなーと。
    まあ、私もいい奥さんを演じようとして、理解してるフリをして殴られるままになったり、バラけさせられたお茶碗を片付けて一人で泣いてたりしていました。
    で、ある日旦那が「おい!それはDVってレベルじゃねーぞ!」的な暴れ方をしたんです。
    まあ、くだらないケンカだけど、自分の意にそぐわないと暴れる傾向にあったんですが、この日は酷かった。
    ビール瓶を持ち上げて、「殴るぞ!」って私の髪の毛を引っつかんできたんです。
    「こりゃ本気で杀殳される!」って思って、しゃがんで思わずその~金玉をつかんでしまいました。
    スゴイ叫び声を上げて倒れる旦那に乗っかって、金玉を蹴り上げました。
    一応病院に連れて行きましたが、医者は「え?夫婦ケンカ?おくさ~ん、男のココは痛いんだよぉ?」って苦笑されちゃいました。
    その後、旦那は何故か憑き物が落ちたようにピッタリと暴力を振るわなくなりました。
    それ所か以前の10倍は優しくなり、めったな事では怒らなくなりました。(多分、我慢してるのだと思います)
    そして、ウトの話。
    コイツがまたむかつく奴で、近距離別居だからよく家にきやがります。(もち、アポナシ)
    玄関を開けないと、ガンガンと叩いて近所迷惑なのでどうしていいかわからず何時も家に入れていました。
    何時もは、ウトに逆らわないようにしてましたが、旦那に勝った日から私も自身がもてました。
    で、妙に自身がついちゃった私は調子にちょっと乗っちゃって、座ってるウトの頭を両手でつかみました。
    「お義父さん。今まで我慢してましたが、あまりナメたマネしてますと。金玉とか頭とか色々と砕いちゃいますよ(はぁと)」
    その後、旦那に勝った日のことを延々と喋り、旦那も「そうなんだよ~」と同意。
    そんな扱いをされるのがはじめてだったんでしょう。
    ウトは、二度とこなくなりました。
    はぁ~でも、本当は弱いってことばれないでよかった!

    778 :[キチママ戦記] 2011/01/13(木) 16:01:45 0
    セク八ラ繋がりで、かなり反省点の多いDQN返しです。

    ウトはセク八ラエ□じじぃ。
    でも私は国語が苦手空気読むのも苦手だったので、地方のスラングや下ネタ系の古風な言い回しをあまり知らなかった。
    ウトがエ□いことを言って私を見て
    「うひゃひゃ」
    と笑うのも、滑った小ネタか失敗したオヤジギャグくらいに思って愛想笑いしてた。
    するとどうやら 嫁は下ネタOK。
    もしかして触るのもOK?になったらしい。
    肩や背中を触って、次にお腹やお尻を触ってくるようになった。
    気のせいか接触多いなと思ってたが、胸を触ってくるようになった辺りでセク八ラだと気付いた。
    私がちょと昼寝してるとコッソリ部屋に入ってくるようになったので、おちおち昼寝も出来なくなった。
    (その時は商売を手伝っていたので夜が遅く、昼寝をしないと夜中までがしんどかったから)

    いつも嫌味を言うコトメが帰って来た時にDQN返し決行。
    コトメは飛行機で帰ってきたばかりで疲れてるのでちょっとお昼寝すると言ってきた。
    私はコトメのベッドメイク振りしてベッドに花瓶の水をぶちまけ。
    あらあらごめんね。
    いつも私がお昼寝してる和室どうぞ。
    文句を言いながらコトメは和室へ。

    このページのトップヘ