毒親

    277 :[キチママ戦記] 2019/11/01(金) 17:43:52 ID:PP.wc.L1
    流れ切ってスミマセン。

    私は所謂、毒親(キチ)の元で育った。
    今は自称ハイスペック様の弟と暮らしているけど
    何かあった時に連絡くるのもイヤな程憎んでる。
    先日「PTSD」と「親(毒父は他界)適応障/害」「パニック障/害」の診断がついた。
    それを毒弟に伝えて、しんだ者と思ってくれと連絡を入れた。
    自称大卒のハイスペック様には理解できないのか
    本人に言えばいいとorz
    心の病には疎いだろうから、事前に全てをググれと言ったのにこの有り様。
    もう二度と連絡がこないことを祈る。
    スレタイ通り、その神経がわからん。

    555 :[キチママ戦記] 2019/11/19(火) 22:38:57 ID:0n4
    数年前の話。
    父親から電話で突然「授業に失敗した、明日返すから十万貸してくれ」と、言われた。
    電話があった直後、普段素っ気ない父親が自分を頼ってくれた嬉しさに、何とかしないと、と混乱。
    信用している先輩に上記を話したところ、
    「一度冷静になれ、明日返せるならその十万を使えばいい」
    「第一、家族間でも大金の貸し借りはよくない」
    と言われて冷静になった。
    その後先輩に両親のことを色々話したら、自分第一な毒親であることを指摘されたのが修羅場。
    どこかおかしいとは思ってはいたが、やっぱり、愛されてなかったのを認めるのは、辛かった

    975 :[キチママ戦記] 2013/05/24(金) 13:29:23 0
    ねーちゃんの出張のとき、親がねーちゃんの子どもら預かったこと。
    可愛がってやるつもりでいたのに、あいつらが宇宙人みたいで、
    まともなコミュニケーションが全くできなかったこと。
    うちの母親が作る料理を全部「なにこれ」「マクド」と言って食べず、
    数日間、マクドと菓子パンとジュースだけで暮らし、
    母親が作ったごちそうが、ほとんど生ごみになったこと。
    休みだしどこか連れてってやると言っても、面倒がって顔も洗わず、ずっとDVD流しながら、
    DSしていたこと。
    子どもが3人もいるのに、DVDの音だけしかせず、家の中が不気味なほど静かだったこと。
    声かけても、誰も返事もせず、「マクド」「なにこれ」「ウザ」しか声聞いた覚えが無いこと。
    一番下(一年生)が最後ちょっと心開いて寄ってきたから、
    近所の公園連れて行ってブランコ乗せたら、カカシみたいで、こげなかったこと。
    帰ってきたねーちゃんに「一年生なのにやばくない?」とその話したら、
    「公園とか行きたがるとウザいから、そういう余計な事しないで」と怒られて、
    「いやそれおかしい、子どもは遊びたくてあたりまえじゃん」と言ったら、
    「母親失格だって言いたいの!」とヒステリー起こして泣かれたこと。
    親に「お前が謝れ」と言われたこと。

    795 :[キチママ戦記] 2015/03/16(月) 12:41:21 ID:IWy
    当時15歳の娘がストレスで生理が不順な時期があった。病院に行ってストレスだと診断を頂いています。
    ストレスの原因が受験。親の私が言うのもアレですが、娘は成績が良く、受験する高校のレベルは地元ではトップでした。
    担任からえらく期待されていたらしく、ストレスが相当溜まっていました。私はそんな娘に週一で娘が大好きな風呂屋(岩盤浴もある)に連れて行ったりしていたのですが、
    一緒に湯に浸かっているときに娘から衝撃的な話を聞かされました。
    「昨日お父さんが、お母さんがいないところで受験に失敗したら追い出すって言われた。何故か私が生理不順なのを知っていて、妊娠したんじゃないかって言ってくる」
    もう目玉が飛び出ました。
    「今夜お母さんにどんな教育してるんだって責めてやらなきゃなって言ってた」といわれた。
    もうふつふつと怒りがこみ上げて来ましたよ。自分では何もしないくせに、娘が少しでも失敗すればネチネチ口出ししてくる。
    私は専業主婦なので、旦那は「俺は仕事している。だからお前な子育て全般担当。」と決まり事を作りました。
    家事は全て私がやるのは理解できますが、子育てに関しては夫婦で協力するものだと訴えてきました。

    【1/2】 【2/2】

    45 :[キチママ戦記] 2020/02/04(火) 21:05:06
    ここにこうやってリスク覚悟で書き込んでるのは、本当に困っててどうしたらいいか分からない
    自分の感情を持て余してしまってて、皆の意見を聞きたい
    私が悪いって言う意見でも参考になるかもしれないと思ってる
    今まで、今回こそは許そうって思って優しくする度に散々傷つけられてきたからまた傷つけられるのが怖い
    とりあえずもうこのグループには送らないでおこうと思うんだけど、行かない説明めんどいしこのスクショ親に送るべき?

    【1/2】 【2/2】

    1 :[キチママ戦記] 2020/02/03(月) 18:43:10
    かなしい

    753 :[キチママ戦記] 2013/06/07(金) 17:10:19 ID:zcg+KQJn
    血の繋がった叔母に5000円で売り飛ばされそうになった
    長くなっちゃった

    文章が苦手なので箇条書きで

    ・叔母の家は自営業で、客の中にお得意様であるお金持ち老夫婦が居た
    ・その老夫婦にはヒキコモリの孫(男・20代半ばくらい)が居た
    ・ヒッキー孫は実家ではなく祖父母である老夫婦の家の一室に引きこもっていた
    ・ありとあらゆる我侭が黙認されるためと思われる
    ・ゲームと漫画にかこまれてひたすら引きこもる孫が老夫婦へ駄々をこねた
    ・友達が欲しい
    ・男は乱暴だからおとなしい女の子がいい、年下がいい、でも離れすぎてるのもイヤ
    ・老夫婦は娘が3人いる叔母に女の子を紹介してと持ちかける

    ・うちの娘は年が離れてるからあんた行ってちょうだい!と私(当時16)に話をもってくる
    ・条件は、GWの連休中に泊り込みでそのヒッキーの隣の部屋で過ごすだけ、日給5千円、簡単でしょ!
    ・うちの娘はだめ!本家の娘もダメ!年齢がむこうの条件に合わない!だからアンタ行け!

    ・(私)私と同い年の女の子の親戚他にもいるじゃん、連休中とか友達とも遊びたいしずっと泊まりは嫌だ
    ・(叔母)あの子(同い年のイトコ)もだめ!とにかくあんたが行け!

    519 :[キチママ戦記] 2015/03/28(土) 04:36:14 ID:CGk
    子どもの容体がおかしくても救急車を呼ばない母親の話をまとめで読んだ
    似た経験があって、何となく落ち着かない気持ちになったので吐き出しにきた。
    少しフェイクあり。

    10代の頃、薬のアレルギー反応で自宅でタヒにかけたことがある。
    夜中に苦しくて仕方なくなり、体はまともに動かないんだけど、意識はクリアだった。
    自室はロフトベッドで、携帯も机に置いたままで手元にはなく、このままじゃ誰にも気付いてもらえなくてタヒぬと思った。
    ほぼベッドから落ちる形で這い出た音に母が気付いたそうで、様子を見に部屋に来てくれたけど、
    床に改めて私を寝かせながら(←再度ベッドに上がるのが無理だっから)
    「夜中でまだ病院が空いてないから朝まで待ちなさい」と言う。
    近所に大きな総合病院あるから、夜中の救急も受け付けてるんだけどね。タクシーでも個人の車でも。

    救急車を…と途絶え途絶えに伝えても
    「何言ってんの、喋れてるくらいなのに!」「そんな夜中に迷惑でしょ」
    でもあまりに苦しがる私に困った母が、どうしたかと言うと
    看護系の高校に通ってる親戚の子にその場で電話して、「どうしたらいいと思う?」と聞いた。

    373 :[キチママ戦記] 2015/05/16(土) 09:35:53 ID:JYj
    私が帝王切開が長女を産んだ時の話。
    医者から自然分娩が難しく、帝王切開になると説明された時に私の両親から「お前はマトモに子どもも産めないのか」「どうせ産まれてもマトモに育たない」などと罵倒された。
    挙げ句、夫両親にも「うちの娘が出来損ないなせいでそちらにご迷惑を~~」みたいな電話をし、両家交えて話し合いをする事に。
    夫両親は最初黙って私両親の話を聞き、一段落着いた所で夫に「お前マトモじゃないんだってさ」と一言。
    姑さん、実は夫を帝王切開で産んでいた。

    369 :[キチママ戦記] 2013/11/04(月) 11:16:00 ID:zv4Rstfd0
    親にやった復讐とは言えないかもしれんが書き込む。
    父、母、姉、俺の4人家族で、姉がいつも可愛がられて、俺は適当な扱いばっかりだった。
    好きな物を買ってもらえる姉と、少ない小遣いの範囲でやりくりしていた俺。
    服はいつも綺麗な姉と、何年も買い換えてくれず、腕とか腹がおさまらず恥ずかしくていつも下ばかり向いていた俺
    外にもあまり出にくいし、やることもないから早く自立しようと必タヒで勉強していたよ。

    このページのトップヘ